1月28日平村ガイド「昼間のワカサギの居場所」

2017-01-28 19:03:51

 本日もベタ凪晴天となり、メンテナンス作業をする予定でしたが、どうしても気になる事を確かめたくて湖上へ。

truth  ブログ写真 2017/01/28

 ここ最近、夜間になるとワカサギが産卵の為に接岸しているのですが、日中にはどこに居るのか?それを確かめる為に北湖をウロウロ。

truth  ブログ写真 2017/01/28

 色々な場所を確認していくと、ようやくワカサギらしき群れが固まるポジションを発見。

truth  ブログ写真 2017/01/28

 ひたすら魚探をかけて地形的にどうなっているのかをリーフマスターで出してみると、湖流が回る水中の張り出しの裏側にいることが判明。

 過去にも同ポジションで何度も入食いになった経験があり、これが原因だと判明。

 こういう自然の理解もバスフィッシングの楽しさの一つで、釣る作業よりも、どうして釣れるのか?どうしてバスがいるのか?どうしてベイトが集まるのか?を一つずつ解明していきます。今年はこういう作業に時間を掛けており、本格的なガイドシーズン前の今のうちの、謎の解明に時間を費やしております。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

10月 30(月) 31(火)
11月 2(木) 6(月) 16(木) 17(金) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木)
12月 1(金) 2() 3() 4(月) 5(火) 7(木) 8(金) 9() 11(月) 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16() 17() 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23() 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30() 31()

武田栄喜

10月 25(水) 26(木) 31(火)
11月 1(水) 2(木) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木)
12月 2() 3() 9() 10() 16() 17() 23() 24()

真木将行

10月 25(水) 26(木)
11月 1(水) 2(木) 3(金) 4() 5() 9(木) 11() 12() 15(水) 16(木) 18() 19() 22(水) 23(木) 25() 26() 29(水) 30(木)
12月 2() 3() 6(水) 7(木) 9() 10() 13(水) 14(木) 16() 17() 20(水) 21(木) 24() 27(水) 28(木)

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2017/01/28

1月28日武田ガイド「琵琶湖探索」

前年の同時期の釣り

1月27日平村ガイド「新しい釣り方&新しいエリア」

1月28日平村ガイド「釣り日和ですが、地形ガイド」

1月31日平村ガイド「ノーバイト」

2月3日平村ガイド「沈船とビワマス」

1月27日平村ガイド「リズムウェーブで」

2017-01-27 23:35:08

 今日は通常の釣りでのガイド。

 前半戦は手堅く、置きにいく展開でシャッド、ネコリグで1匹をまずキャッチしてもらう作戦。

 日が昇って無風となったので、ウィードで食わすよりも北湖ディープの沈船で食わす方法を選択。これでゲストさんに1本目。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 午後はサイズアップをさせる為に、後半の風が吹いたタイミングを待ってリズムウェーブのアラバマ投入。これで2本のリズムウェーブを1匹のバスが喰う。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 やっぱりリズムウェーブは、このカラーでした。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 ゲストさんにデカイのが回って良かった。

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

1月27日平村ガイド「新しい釣り方&新しいエリア」

1月28日平村ガイド「釣り日和ですが、地形ガイド」

1月31日平村ガイド「ノーバイト」

1月26日平村ガイド「午後から出艇」

2017-01-27 02:33:03

 朝は今月の課題の健康診断シリーズから。

 先日は体内をエコー、胃カメラ、大腸カメラで覗いて問題なしだったので、今度は頭の中を覗いてみます。元々、能力的に悪いのは分かっていますが、健康的に悪くなければOKなんですが・・・。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 これで問題なければ、今年も一年間、「働いてよい」という判決がでる最終関門です。もう、「いくら釣れたか?」よりも、「どれだけ長く釣りができるか?」の方が重要な年齢ですから。

 さて、自分の体のメンテも大切ですが、ボートのメンテも大切で、先日発見されたドライブシャフトのスプライン切れによる交換作業へ。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 新品のドライブシャフトのスプライン!やっぱり綺麗だ。

 マッスルマリンの小幡氏に奮闘してもらう。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 このロアーのシム調整で、我々の運命が掛かっています。

 このまま修理を手伝うか?他のメンテをする予定だったのですが、あまりに天気が良くて無風!

truth  ブログ写真 2017/01/27

 で、いきなりワープ!

 湖上に出てしまった。。。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 北湖に行ったら水温は8度ほど。やっぱり北湖の方が水温が高いですね。

 そして、無風を利用して気になっていたエリアの魚探掛け。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 沈船見っけ!

 これも沈船だ!

truth  ブログ写真 2017/01/27

 これも怪しいけど、正体が掴めない。水深が10mを超えてくるとローランスのサイドイメージのパワー不足が顕著になってきます。サイドイメージだけの性能で言えば、ハミングバードの方が出力があるので水深があってもハッキリ映し出しますね。TOP50のプロ達も「ハミンで映っても、ロランスでは映らないものがある」と言うので、結構サイドイメージ用だけにハミンをつけている人が多いもの納得です。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 なんだろう?魚と沈船か?それとも???こういうのを考えているのが、とても楽しい瞬間です。

 うぁ~、また沈船見つけた!

truth  ブログ写真 2017/01/27

 魚探掛けしている方なら分かると思いますが、1日に3個の沈船って、まぁまぁ引き運ある方だと思います。60アップ3本釣るぐらいの確率です。この確率は相当なレベルで魚探掛けしないと見つからないのです。スピードも遅く、走査範囲も狭く、超地道な作業ですが、琵琶湖全てを魚探掛けするというのが最終目標で、まだ楽しみがあります。

 こうやって地形ガイドの新しい物件を「仕入れ」しております。ドンドン新しいエリアから、新しいモノやウィードを見つけて、皆様に提供しております。

 

 ラストにちょっとだけロッドだしてバスを触って終了。釣るのは、ちょっとしたオマケです。

truth  ブログ写真 2017/01/27

 それにしても、綺麗な景色。

 やっぱり湖上は幸せです!!

テーマ:琵琶湖

前年の同時期の釣り

1月23日平村ガイド「ロランスは英語で動かすと早くなる」

1月27日平村ガイド「新しい釣り方&新しいエリア」

1月28日平村ガイド「釣り日和ですが、地形ガイド」

1月31日平村ガイド「ノーバイト」