3月26日平村ガイド「一番大事なビルジポンプ」

2017-03-26 17:03:46

 湖上に出ていて大事なのは、1に燃料、2にバッテリー、3にビルジポンプです。

 とりあえずバッテリー残量があってエンジンが始動して、燃料があってエンジンが動いて、ビルジポンプが回れば船は沈みません。

 で、今回はビルジポンプの点検です。

truth  ブログ写真 2017/03/26

 ビルジポンプの始動をテスト。他に要注意なのは、ライブウェルの水の汲み上げポンプの破損、ホースの取り付けスルーハルの劣化などです。

 定期的に5年に一度は交換しておくべき部品なのですが、バスボートの大半が10年以上たっても放置されています。中古艇や10年を経過したバスボートを乗っている方は、必ずポンプ、スルーハルなどのプラッスティック部品の劣化チェックを!

 ちなみに、古いバスボートのチェック項目は

 ハルの破損、ガンネルの緩み、床の腐食、トランラムのクラック・浸水などです。目に付くカーペットやシートなどよりも安全面に関する中身の方がメンテナンスされているかどうかが重要です。 

 

 

 さて、あとはバッテリーの電圧チェック。この時期は冬を乗り越えて、低温でバッテリー性能にとって厳しい時期なのに、連日暴風でエレキを踏みまくるのでバッテリーが駄目になりやすい時期です。

truth  ブログ写真 2017/03/26

 バッテリーはガソリンと同じ消耗品なので、駄目ならすぐに交換です。

 高くつきますが、バスボートに乗るという事はこいう事です。

 ちなみに、今月の修理やパーツ代の請求書の金額は・・・。

truth  ブログ写真 2017/03/26

 バスボートの為に働いております。。。

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:3月30(木) 31(金)   4月3(月) 4(火) 6(木) 9(日) 11(火) 12(水) 13(木) 16(日) 17(月) 18(火) 19(水) 21(金) 23(日) 24(月) 25(火) 27(木) 29(土)   5月4(木) 5(金) 6(土) 7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 28(日) 30(火) 31(水)

武田:3月28(火) 31(金)   4月2(日) 14(金) 15(土) 16(日) 17(月) 18(火) 23(日) 27(木) 30(日)   5月2(火) 4(木) 5(金) 6(土) 7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日) 19(金) 20(土) 21(日) 22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)

詳細・ご予約

3月20日平村ガイド「電気系のメンテナンス」

2017-03-21 14:50:41

 3月も後半になっているので、そろそろメンテナンスを終了したい所ですが、新しい道具に問題が発生しておりバタバタ。

 それ以外にも電気系で気になっている場所を変更。

truth  ブログ写真 2017/03/21

 

truth  ブログ写真 2017/03/21

 ホンデックスのヒューズボックスが錆びてトラブルを起こしやすいので外すことに。

truth  ブログ写真 2017/03/21

 湖上では、このローランスの平型の防水ヒューズボックスの方が信頼性が高い。

truth  ブログ写真 2017/03/21

 全て同じ平型ヒューズにしておくと、交換が楽なのでトラブルが起きる前に交換しておきます。

 

 そして、バッテリーの配線も色々とやり直し。バッテリートレーのネジが外れていたので、新しい穴を開けて取り付け。

truth  ブログ写真 2017/03/21

 配線をしていくと、やっぱりエレキのノイズが発生。このノイズのせいで、しばらくはボートが使用できず。新しいモノには必ずトラブルが付き物なので、解決するまでは、色々と試す必要があるのでボートを1台所有ではテスト的に導入できず。今月は次から次へと問題が発生しており、メンテナンスが進まず。

 そのため、複数台ボート所有してスペア艇でのガイドの日々が続きます。

 

 

 

 

テーマ:バスボート

3月5日平村ガイド「メンテナンス」

2017-03-06 20:19:22

 今日もポカポカ陽気でメンテナンスがしやすくなりました。ただ、春になったのでガイドも本番なので、のんびりとは出来ません。

 早々と仕上げて、湖上に出なくては!

 まずはエレキの取り付けボルトの緩み対策。エレキのボルトを増す締めしても固定感が得られないので、マウントの下にアルミ板を入れることに。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 このゴムマットの下に3mmのアルミ板、そしてバスボート本体のバウマウント、さらに下からアルミ板3mmを挟むサンドウィッチ構造に。これでしっかりとボートとエレキが一体化しました。

 さらに、セーフティーチェーンの交換。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 これは錆による劣化ですので、新品に交換。こういう時に取り付けボルトをチェックすると、曲がっているので交換作業をしながら、ボルト類もチェックします。こういう作業が牽引の安全を確保します。

 自分で細かく清掃、点検をしておかないと道路上で大きなトラブルになりかねません。

 同時に錆の出たトレーラーの再塗装。牽引距離が南湖から北湖へと回数が多いので、道路上の石や砂を跳ねているので3年に1回は塗装が必要になります。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 メインの白の塗装が終われば、ストライプを入れていきます。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 塗装作業はマスキングが面倒ですが、塗る瞬間、マスキングを外す瞬間は楽しい。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 休日のバスボートDIY。仕事ですが、こういう事が好きな人でないとバスボートは維持するのが苦痛になりやすいのです。

 バスボートを維持するのは、お金と共に時間や手間がかなり掛かります。修理屋さんに任せると、この時期は数週間待ちはザラの世界。自分でやらないと仕事が前へ進みまない。

テーマ:バスボート