1月12日平村ガイド「冬のメンテナンスの段取り」

2017-01-13 08:40:44

 今週は冬型の気圧配置が続く為、ガイド予定をすべて日程変更として、冬のメンテナンスの段取りをすることに。通常の釣りガイドなら可能な西風4m前後となっているのですが、地形ガイドで東岸の下物とかを魚探掛けするには適さない日々が続いており、日程の振替が多発。

 さて、オフシーズンと言っても、ポツポツとビワマスガイド、地形ガイド、通常ガイドをある程度こなしながらのメンテナンスとなるため、ボート2台を上手く運用しながら、メンテで動かせない期間を出来るだけ少なくなるように調整しなくてはならない。特にパーツ類で輸入が必要なものは3ヶ月から6ヶ月前から準備しておかなければならないし、修理屋さんのドックの空き待ちというのもあるので、自分の独りよがりな計画ではどうにもならない。

truth truth ブログ写真 2017/01/13

 そこで、ある程度計画を作って、作業工程がこなせるようにしておきます。新艇に乗り換えとなると、もっと複雑な作業となりまし、コストが掛かり過ぎる。ガイド業で新艇を買えるほど儲かることは無いので、新艇を買った時点でほぼ赤字転落か、利益の大半を消してしまう。

 これぐらいの作業を毎年ボートメンテナンスをしなくてはなりません。ガイド業はガイドしている日だけが仕事ではなく、実際には陸でも結構仕事があるので、ガイド料金×日数=収入とはなりません。ボートは使えば使うほど、壊れますから。

 これでも他のガイドさんに比べて2台併用しているので、まだメンテナンスや故障には強い方です。ガイド日にボートが壊れたら、即スペアーボートが出動可能となっておりますので、エンジントラブル、エレキトラブルでガイド中止にはなりにくい体制をとっています。このスペアーを自前で確保するか、ボートをすぐに何らかの形で借りられる体制になっているかは、実は結構ガイドにとって死活問題なのです。特にGWや土日だと、借りるというのは結構難しくなりますし、保険など問題点も生じる。ガイド・遊漁船は保険の掛かった遊漁船登録された船舶でないと出来ない仕組みとなっているので、どうしても壊れた時のボートというのが問題となります。

それでも、せっかく来てもらった日に「今日はボート壊れたからゴメンなさい」では済みません。天候で駄目なことがあっても、こちらのボートトラブルで出れないのはガイドとしては失格。とは言え、2台の維持費はコスト高になるので、そのコスト削減には自分である程度は修理する。 

 

 工程表にしたがって、まずは直近では短時間で済む、ギアオイル、オイル交換から。

truth truth ブログ写真 2017/01/13

 

 もう一つ、オフの間にしっかりとメンテナンスをしておかなけばならないのが、自分の体。

truth truth ブログ写真 2017/01/13

 シーズン中もトレーニングや整体に通っていますが、35歳ぐらいからは定期的に人間ドックへ。

 5年に一度ドッグに入って、毎年必要な箇所を検査する。

truth truth ブログ写真 2017/01/13

 本日はCTを行って、MRIは予約。

 体内は腹部エコーに、大腸内視鏡、胃カメラとフルコースの予約。ボートの修理予約も必要ですが、こちらも予約、検査と半月ぐらいの時間は必要になるので、今日は予約だけで半日仕事。「あ~ぁ、釣り行きたい」

truth truth ブログ写真 2017/01/13

 ほんとは「ただ釣りがしたい」「もっと釣りたい」だけなんです。そのために、ボートも体もメンテナンスをしなければならない。その日程としては、名古屋キープキャストまでの期間が一年で一番効率的となるので、ハイシーズン中に休まなくて済むように、この時期に集中してボート、体ともにメンテナンスを実施中です。

 どうも日程がキツイと思ったら、キープキャストの日程が年々前倒しになっていますね。2月下旬には全てのスケジュールを終わられないといけないので、実際は毎日バタバタとしております。

 

 

 

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:2月18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火)   3月1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日) 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:1月28(土) 29(日)   2月11(土) 12(日) 18(土) 19(日)   3月12(日) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)

詳細・ご予約

1月10日平村ガイド「トレーラーのナンバープレートの再発行」

2017-01-10 18:31:09

 トレーラーのナンバープレートをロストで大変面倒なことに。。。

 警察署に行って、まずは紛失届け提出。30分ほど。

 続いて、ナンバー無しでは運行できないので、市役所で臨時運行の仮ナンバーの手続き、交付。30分ほど。

 それから陸運事務所に行って、理由書の記載。これも30分ほど。

truth truth ブログ写真 2017/01/10

 さらに3号様式も記載して、税務課へ。10分ぐらい。

truth truth ブログ写真 2017/01/10

 ここでも新しい登録書類を記載して、新しいナンバーを交付を受ける。750円なり。

truth truth ブログ写真 2017/01/10

 ようやくトレーラーにナンバーが付いて封印してもらって終了です。

 トレーラーのナンバーは水に漬かる部分なので、折れ曲がったり、破損することが多く、紛失した場合は手間となるのでご注意を!

 

テーマ:バスボート

11月3日平村ガイド「ビルジポンプ修理」

2016-11-03 23:32:26

 バスボートで大事なのは、「エンジンが掛かること」「ビルジポンプがまわること」の2点です。

 この最低限の2点さえ、とりあえず動いていれば沈没することはありません。大波を被ってもエンジンで風上に向けてビルジを回せば、なんとかなります。

 エンジンは海のように2基掛けや補基を付ける訳にいきませんが、ビルジポンプは2基つけることをオススメします。

 さて、本日はガイドの日程が変更になったので、昨日気づいた1基のビルジポンプの不調の原因を調査。

truth truth ブログ写真 2016/11/03

 オートビルジが回りっぱなしになったら困ると思って増設したヒューズBOXが悪さをしていたようです。

 一応、念のため、新品の交換用のカードリッジも用意していたのですが、不要だったようです。

truth truth ブログ写真 2016/11/03

 昔はMay fairだったのですが、最近はJohnson pumpになってますね。

 ビルジ用に750G,ライブウェル用に500G、スペアとしては常に必要なパーツです。交換頻度は2年に1回程度。回っているようでもモーターが劣化して、回りが悪くなっていることが多いです。原因はカットしたラインが巻きついて熱をもったり、スイッチを切り忘れて回りっぱなしになるパターンです。

 あと、外側のガワの部分が、熱で変形していたり、劣化して亀裂が入っている可能性もあるので、そこも必ずチェックします。この作業は半年に1回程度。

 こうした定期点検をガイドはちゃんとしていないと、ゲストさんの安全を確保できないのです。プロは壊れてから修理に出すのではなく、壊れそうかどうかチェックする点検作業が必要です。同時に、どの機械がどれぐらいで、どこが壊れるかを知っているのもプロの知識です。

 トーナメントやガイドで「壊れて動かない」という言い訳は、運もありますが、点検不足、機械に対する知識不足も原因です。

テーマ:バスボート