12月1日平村ガイド「DF200A載せ換え」

2017-12-02 16:51:08

 12月になって初日、いきなり強風予報でガイドは中止。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 実際には南湖なら釣りになるレベルでしたが、北湖はウネリが激しく中止も仕方がないレベルでした。

 

 さて、空いた時間でメンテナンスから。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 北湖で長距離移動が多くなったエンジンのギアオイル交換、オイル交換。100時間が目安ですが、実際には70時間程度ぐらいがお勧め。特に高回転運行が多いとオイル交換は早めに。

 続いて、シート類のタッカーの外れた場所をエアータッカーで打ち込みます。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 エアーツールは借りています。

 それから、エンジンのフィルター点検。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 もう一つは、燃料ポンプの交換。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 本当は日差しの当たる外部にプライマリーポンプを設置したくないのですが、この船の燃料タンクとホースの取り回し上、外部に設置せざるえない。

 さらに、トングジャックの交換

truth  ブログ写真 2017/12/02

 こちらは、3年に1回ぐらい交換。どのメーカーのトングジャックを購入しても、結局駄目なので、安いタイプの交換を早くしています。

 意外と壊れるパーツの一つ。

 そして、もう1台のDF200Aの載せ換え作業をして、慣らし運転へ。

truth  ブログ写真 2017/12/02

 だいたい2年から3年に1度エンジンは載せ換え。今回は800時間で交換しました。

 1年で400時間・・・。1日平均1.5時間ぐらいの運行?今思うと魚探掛けが良くないですね。

 そんなに乗った記憶がないのですが、毎日湖上に出ていると、エンジンの運転時間数は伸びてしまいます。

 スズキの場合、前のDF175で2000時間使用しましたが、1500時間ぐらいでオイル漏れなどのトラブルが発生して修繕費が跳ね上がったので、載せ換え時期として、適度なのは1200時間前後ぐらいでしょうか?1000時間以内なら売却もしやすく、価格も良いので、あえて1000時間手前で手放すというのも選択としてはアリです。他メーカーのエンジンは、最近は使っていないので自分の経験では分かりませんが、昔の2サイクルに比べて、格段に使用時間が長くなっております。そういう点では凄く助かります。

 1200時間を越えたら、完全にオーバーホールして、2000時間を目指すことになりますが、今回は燃費が落ちてきたのと、トラブルを防ぐ為に800時間でお別れすることに。こうする事で、ゲストさんにエンジントラブルでご迷惑をお掛けしないようにしております。

 

 ただ、この10年ぐらいでスズキのエンジン5台も購入。「ガイド業は、エンジンを買う為にしているようなモノ?」こうして私はスズキマリンさんに貢献しております。

テーマ:バスボート

ガイド空き状況

平村尚也

2月 20(火) 21(水) 22(木) 27(火)

大熊一徳

12月 14(木) 15(金) 17() 28(木) 30() 31()
1月 2(火) 4(木) 5(金) 6() 7()

武田栄喜

12月 16() 17() 23() 24() 27(水)
1月 13() 14() 21() 28()

真木将行

12月 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16() 17() 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()

詳細・ご予約

10月16日平村ガイド「船舶検査証書の再発行」

2017-10-16 20:16:34

 本日はガイドは雨によりゲストさんによるキャンセル。

 ボートの船舶検査手帳と検査証書が見つからないので、2台あるガイド艇の1台が使えない。そのため、再発行の手続きで小型船舶機構へ。

truth  ブログ写真 2017/10/16

 検査の予定もあったので、費用を支払うと、再発行は検査証書が4350円、検査手帳が5500円というお値段に!

 皆様、無駄な出費をしないように、しっかりと保管しておいてください。。。

 

テーマ:バスボート

6月4日平村ガイド「オイル交換」

2017-06-04 19:53:58

 本日はボートメンテナンス。

 6月から7月にかけては梅雨時期なので、ボートを陸に上げている日に晴れていれば、かならずメンテナンスをしています。このあとの休みが雨だったら、メンテが出来ないため。

 あと、こういう作業はゆっくり、ノンビリとしている時にすべきです。慌てているとミスも出ますし、もし、不良箇所を発見しても余裕のある時間がないと修理できないから。

 余裕がある時にチェックしていると、不具合箇所を発見することも容易です。

 釣りの技術云々以前に、ちゃんと動くバスボート、エンジン、エレキを保持していることが大切ですから。

 

 さて、ギアオイルも100時間毎に交換です。高性能のハイパフォーマンスオイルなので値が張ります。

truth  ブログ写真 2017/06/04

 同時にオイル交換、500時間でエレメント交換して、700時間で再びエレメントも交換。オイルは100時間毎の交換で、だいたい2ヶ月強で交換時期になります。

truth  ブログ写真 2017/06/04

 オイル以外にもグリスアップに諸点検も。

truth  ブログ写真 2017/06/04

 ボートを清掃しながら、各所のネジをマシ締め&点検です。

 バスボートのボルト、タッピング類はかなりの確率で緩んでくるので、月に1回は全てのネジ類を点検します。

テーマ:バスボート