9月17日平村ガイド「隙間ウェイトのシンカーの話」

2017-09-17 17:42:35 前の画面へ戻る

 休日の仕事はシンカー整理。

 湖上で素早くシンカーとフックを取り出せるというのは実に重要な事です。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 シンカー一つで根掛かり連発になったり、ボトムを取れずにバスをキャッチ出来なかったりするだけでなく、フォール速度でワームの動きが変わるからバスのバイト数も大きく変化します。釣りの命は、糸、針、オモリ。この3つに次いでロッドで、最後にリールという感じですね。

 さて、先日、鬼形氏と会話していて、私は普通だと思っていたのですが、「世間では知られてないよ」と話題になったのが、ジャッカルのダウンショットシンカーの2,2gとゲーリーヤマモトのスゴイシンカー4gです。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 これは釣りを本気でやっているアングラーの多くがたどり着くのですが、テキサスシンカーの3,5gと5gの間って凄く大きく感じるのです。

 ボトムを取っていて3,5gでは軽すぎると思って5gにすると重すぎて・・・。という具合の事がテキサスリグで結構起こるので、この間は無いのか?と探し始めると4gというシンカーが見つかるのですが、実は4gタングステンテキサスシンカーというのはゲーリーさんのスゴイシンカーにしかないのです。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 タングステンシンカーが出て、かなり初期からあるのですが、スゴイシンカーの4gは昔からの定番品。

 知っている人は知っているアイテムでして、これが入っているボックスを見ると、よく釣りこんでいる人なのだなぁ~と思う訳です。

 

 それと同様なのが、ジャッカルのダウンショットシンカーの2,2gの存在。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 ここは1/16ozの1.8gと3/32ozの2.7gの中間となりますが、2.7gでは根掛かるけど、1.8gでカーリー系やシャッドテール系の動きがスローになりすぎて困るという場面では必ず使うアイテムです。先日のアベマTVでも鬼形氏がプロが2,2gのダウンショットシンカーを使用しているというと「ジャッカルのダウンショットシンカーですね」と解説していて、ジャッカルにしか2.2gは無いから、2,2gを使うということはこのシンカーである事を指摘していました。

 こういうシンカーの僅かな違いは、拘らないアングラーにはどうでも良い話ですが、やっぱり釣りを本気でやり出すと、皆が同じところに到達するというのが面白いですね。目立たないけど、ほんと面白いし、実際に釣っているアングラーが実は気付いているけど、そこは普通にやっているから語られることが無いのです。

 ゲーリーヤマモト社もジャッカル社も廃盤にしないところを見ると、意外と売れているのではないのかな?という気はします。

 

テーマ:ジャッカル

ガイド空き状況

平村尚也

12月 28(木)
2月 20(火) 21(水) 22(木) 27(火)

大熊一徳

12月 14(木) 15(金) 17() 28(木) 30() 31()
1月 2(火) 4(木) 5(金) 6() 7()

武田栄喜

12月 17() 24() 27(水)
1月 13() 14() 21() 28()

真木将行

12月 14(木) 15(金) 16() 17() 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 24() 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30()

詳細・ご予約