1月15日平村ガイド「除雪」

2017-01-15 20:12:04

 積もった。

 守山で20cmぐらいの積雪。

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 こういう日はブーツが必需品。ノースフェースの防寒ブーツが大活躍。

 ボートカバーの破損を防ぐ為に、除雪しなくては。

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 ちゃんと準備している人達は、ビニールシート掛けているから、勝手に落雪してます。動かさない方は、この作業を年末ぐらいにしていますね。エライ!

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 で、しょっちゅう動かす私は、ビニールシートが面倒なので、ボートカバー単体のまま。雪が張り付いて綺麗に積もってます。

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 除雪ですが、「ほうき」で。もっと、良い道具持って来い!というお叱りを受けそうですが、年数回の為に置いておくのも面倒かと?

 

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 でも、まだまだ降り続いています。明日も積もってしまうのでしょう。

 湖上は風は収まり気味。マリーナも誰もボートを降ろしていないので、この状況で出ますとは言いにくい雰囲気です。

truth truth ブログ写真 2017/01/15

 出たら釣れるとは思うのですが、罰ゲーム系か?テンション上がってはしゃぐ系か?どちらかですね。結構、出たらハイになるので寒さは風がボーボーの日よりも、雪の日の方が感じにくいです。

 まぁ、普通に考えたら、大人しくするのがベストでしょう。

 でも、やっぱり出たい・・・。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村:2月23(木) 28(火)   3月3(金)

大熊:3月10(金) 11(土) 12(日) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:1月21(土) 22(日) 28(土) 29(日)   2月11(土) 12(日) 18(土) 19(日)   3月12(日) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)

詳細・ご予約

1月14日平村ガイド「雪」

2017-01-14 20:10:19

 いよいよ琵琶湖も本格的な冬到来。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 琵琶湖はクローズです。でも、こんな日は実は釣れる。しかし、ゲストさんは来られない。

 まぁ、出たところで、釣れるよりは罰ゲームのような感覚ですけどね。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 ネットで暖かい部屋で画面で見てるのが一番良いかも?

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 こんな日もあって、釣られない日があるから、魚達も守られるんです。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 全ての季節、全ての魚が釣ってしまったら、魚達が守られません。「こういう日は大人しくしときましょう」と自分に言い聞かせる!

 

テーマ:バスフィッシング|琵琶湖

1月13日平村ガイド「名光通信社へ」

2017-01-14 19:03:37

 堅田からサンダーバードに乗って大阪へ。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 北陸新幹線が開業したら、湖西線は特急が通過しなくなるので平行在来線でさらに不便になるでしょう。そう思うと、琵琶湖西岸の土地や家というのは、断層帯で30年以内に5%という高確率なのと合わせて、なかなか買いにくいのです。(とは言え、完成している頃には、生きているのか?)

 琵琶湖界隈に住むのなら、鉄道の便は東海道線側の野洲、守山、草津、南草津が圧倒的に電車の本数が多くて便利。地層的にも東岸の東海道線沿いは安定した地盤というのもあり、東海道線の草津駅で1時間に7本でラッシュ時に14本あるのに対して、湖西線は堅田で4本でラッシュ時に8本という感じ。これに新快速が止まらない駅は、電車の本数は半分になります。

 あきらかに電車の利便性では東岸が有利となります。そのため、滋賀県内では東岸の新快速停車駅の駅近いマンションの値段は下らない。大阪まで1時間以内、京都まで30分以内の駅付近の土地の値段は高騰中。

 車に乗れば、あまり関係ないのですが、大阪や京都だと渋滞で時間も読めないし、駐車場の問題もあるので、住む場所としては、鉄道と電車の両方選択できるのがベスト。滋賀の駅前なら1日500円から700円ぐらいで停めれる駐車場もあるので、車で駅まで行って電車というパターンが今はベスト。

 

 さて、大阪は本町で隣りのエバーグリーンさんの中央漁具さんを過ぎて、ルアーニュースの名光通信社さんへ。年末には東の東京の出版社さんにご挨拶や仕事の打ち合わせをしてきたので、年始の今回は西の出版社さんとの打ち合わせ。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 名光通信社は基本的には老舗であり、「釣具新聞」という業界紙が有名で、一般餌釣りでは「釣具速報」となっており、ルアー紙が「ルアーニュース」という業態。

 ただ、ルアーニュースは昨年に東海版が終了。過去には関東版というのもあったが、現在は関西版のみと縮小傾向。全体的な出版不況の中で、釣具関連の出版社、さらに西の出版社という珍しい業態だけに、ここしか出来ないジャンルもある一方で、ルアーニュースRというサイトも行いながら、他業種にも進出。

 で、自社ビルは卓球場、ランチ屋となっている。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 実際にこのランチを頂く!平日のoffice街なので、サラリーマンやOLで流行っている。

 こちらの編集部には20年近くお世話になっており、若手だった頃に知り合った顔ぶれが次々と編集長になっているのは、西も東も同じ。そして、釣り関係で一番若手が増えないのが、この出版業界だったりします。やっぱり過酷なのかな~。釣りの出版業界一番イケイケだったのは90年代後半までで、その頃は新規に創刊する雑誌も次々と現れ、広告もバンバン取れていたので景気が良かった時代。その後は、もう廃刊の嵐なので、老舗と元気な出版社の体力、持久力勝負となりつつあります。

truth truth ブログ写真 2017/01/14

 本日は紙面の方針や、DVDの打ち合わせ、リサーチTVなども方針を検討。

 釣りは無くならないのですが、メディアというのが、ネット全盛の時代でどうなるのか?

 

テーマ:雑記帳