3月8日平村ガイド「暴風中止」

2017-03-10 03:53:07

 7日から琵琶湖は暴風モードへ。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 再び寒波が戻ってきており、北湖は大雪注意報発令で積雪、南湖は西と南西の強風が7日、8日と続く。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 大荒れでも西岸や南岸は釣りになるのでボートは少しは出てますが、辛そうですね。

 さて、原稿仕事を一気に片付けながらも、気になるのは野球。オープン戦も始まって、各チームのレギュラー争いに興味津々。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 この時期になると開幕ベンチ入りのメンバーを考えるのが楽しい。

 で、先日、小学生の男の子に野球関連のTシャツをプレゼントしたら、お返しにお手紙で巨人のスタメン予想をプレゼントされました。小学生と同レベルなのか私は!(大笑)

 とは言え、夜もWBC観戦と巨人戦、阪神戦、WBC戦と1日に3試合も中継を見ていたら仕事になりません~。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 夜はレジットチーム集結で事務所でWBC観戦も開催と、盛り上がり!

 さてさて、仕事も当然しており、ジャッカル関連ではワームの色見本の検討も。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 エビ型ゆえに、色もソレっぽく仕上げたい!

 そして、地図データの編集も。

truth  ブログ写真 2017/03/10

 今検討しているのは、この先ローランスのHDSシリーズがカーボンシリーズに突入して、CPUがデュアルコアになって処理能力が上がるので、地図データをシェーディッドリーフで仕上げても全域表示で動くのではないか?という点。ただ、パソコンでの編集作業では南湖全体を一気に処理して、高性能のデスクトップパソコンで変換に3分程度掛かっているのですが、北湖は3分割にして同時間。全体で一気に作ろうとすると、フリーズしてしまう。

 どの程度のサイズで地図を作るのか?そして、どの程度の等深線を入れるのが適当なのか?

 この辺が、作成する際のパソコンの性能、使用する際のHDSの処理能力によっても変わるので調整が非常に難しいですね。

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:3月30(木) 31(金)   4月3(月) 4(火) 6(木) 9(日) 11(火) 12(水) 13(木) 16(日) 17(月) 18(火) 19(水) 21(金) 23(日) 24(月) 25(火) 27(木) 29(土)   5月4(木) 5(金) 6(土) 7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 28(日) 30(火) 31(水)

武田:3月31(金)   4月2(日) 14(金) 15(土) 16(日) 17(月) 18(火) 23(日) 27(木) 30(日)   5月2(火) 4(木) 5(金) 6(土) 7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日) 19(金) 20(土) 21(日) 22(月) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)

詳細・ご予約

3月5日平村ガイド「メンテナンス」

2017-03-06 20:19:22

 今日もポカポカ陽気でメンテナンスがしやすくなりました。ただ、春になったのでガイドも本番なので、のんびりとは出来ません。

 早々と仕上げて、湖上に出なくては!

 まずはエレキの取り付けボルトの緩み対策。エレキのボルトを増す締めしても固定感が得られないので、マウントの下にアルミ板を入れることに。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 このゴムマットの下に3mmのアルミ板、そしてバスボート本体のバウマウント、さらに下からアルミ板3mmを挟むサンドウィッチ構造に。これでしっかりとボートとエレキが一体化しました。

 さらに、セーフティーチェーンの交換。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 これは錆による劣化ですので、新品に交換。こういう時に取り付けボルトをチェックすると、曲がっているので交換作業をしながら、ボルト類もチェックします。こういう作業が牽引の安全を確保します。

 自分で細かく清掃、点検をしておかないと道路上で大きなトラブルになりかねません。

 同時に錆の出たトレーラーの再塗装。牽引距離が南湖から北湖へと回数が多いので、道路上の石や砂を跳ねているので3年に1回は塗装が必要になります。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 メインの白の塗装が終われば、ストライプを入れていきます。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 塗装作業はマスキングが面倒ですが、塗る瞬間、マスキングを外す瞬間は楽しい。

truth  ブログ写真 2017/03/06

 休日のバスボートDIY。仕事ですが、こういう事が好きな人でないとバスボートは維持するのが苦痛になりやすいのです。

 バスボートを維持するのは、お金と共に時間や手間がかなり掛かります。修理屋さんに任せると、この時期は数週間待ちはザラの世界。自分でやらないと仕事が前へ進みまない。

テーマ:バスボート

2月28日平村ガイド「ボートカバーのポール」

2017-03-02 07:35:14

 午前中にルアーニュースとルアーマガジンモバイルの原稿仕事。ココ最近は釣りのガイドもスタートしているので、ネタはいっぱい。

 午後からはトレーラーの車検にかかわる業務を修理業者さんと進捗確認。車検場が2月後半から3月が混雑するのと、こちらの業務が忙しくなるので、できるだけ1月末から2月初旬に車検を受けれるようにしておかないといけない。

 ただ、ボート屋さんには大量の仕事が舞い込んでおり、もう新規の仕事を手をつける余裕がないようです。今年は大雪の1月、2月だったので、どうしても仕事の進捗が遅れており、ボート関連の仕事は遅れ気味。

 今からボートを動かして、動かない、ここを直したいといっても、修理屋さんに仕事の空きが無い状況です。

 

 さて、自分でもボートをいじり、剥がれたカーペットを補修したり、パーツを取り替えたりして、バスプロショップスで購入したモノも取り付け。

truth  ブログ写真 2017/03/02

 これはボートカバーの内部に入れて、ボートカバーに張りを出すツッカエ棒。

 しかし、底面が小さすぎて、立てようとしてもすぐに倒れて使い物にならず!

 バスプロショップスでは、写真で見て「良さそう」と思えるのですが、通販だけに、届いてみて「あっ」と思うこともしばしば。

 これも通販の楽しみと言えば、それまでなのですが、昔から同じ失敗をかなりしています。

テーマ:バスボート