今年はマイ車の厄年?

2006-07-29 12:37:00

実は先月、追突されました。

前方車両が急停車したので、こちらも急停車、後ろの軽が止まれないのがバックミラー越しに見えておりました。

相手さんと話をしようとすると、いきなり、罵倒、脅迫と続くばかりでお話になりませんでした。幸い、こちらの怪我は軽傷で念のため検査に病院にはいきましたが、仕事にはほとんど影響はなく車のバンパーが凹んだ程度で済みました。

しかし、そのあとが大変、運悪く相手は「任意無保険」でした。追突事故にもかかわらず、まったく弁償する意図はなし。しかも、こっちの方が被害は大きい!とおっしゃる始末で、保険会社からの電話にも出ないようになる始末でキレる以外の対応はありません。

仕方が無いので、こちらの保険特約の弁護士特約によって請求することにしましたが、相手さんに支払い能力があるかどうか疑問なので、期待薄です。ただ、相手さんには裁判の結果として支払い義務があるという形での示談をつけないといけないので、訴訟だけは必要だと感じて裁判となっております。

それにしても、聞くところによると、日本の自動車の10台に1台が無保険だそうです。こういう車に当てられた場合、自賠責以外はほとんどが泣き寝入りだそうとか・・・本当に怖いというか、常識が通用しないというか、運が悪い出来事でした。

幸い保険の弁護士特約に入っていたので、保険等級の格下げなしに、負担ゼロで訴訟に持ち込めましたが、特約が無ければ、自分で訴訟費用を出すか、あるいはお話にならない相手と示談しなくてはなりません。そいう意味では不幸中の幸いでした。

ただ、保険会社が払う弁護士費用の方が、こちらの修理費用よりも高いというのは納得できませんけどね。そのまま弁護士費用分もらえれば良いのですが・・・

さて、という訳で先日のガイドの休みの日に診断書を受け取りに病院に。平日の9時から5時しか受け渡しが出来ないという不便さ!仕方が無いので、平日にガイドが休みになったら、行くことにしょうと決めていたら、ようやくのキャンセルで受け取りに行ってきました。

しかし、行政も不便ですが、病院はもっと不便、患者が多くて診察が遅れるのはまだ我慢できる?としても、受付事務まで平日のみはないでしょう。それなら、送付や電子交付とか出来ないものでしょうか?


さて、そして本日、マイカーの故障です。

パワーウィンドーを上げようとしたら、突然、ガタン!とウィンドウが落ちました!一瞬何が起こったのか把握できずにキョトンとしていましたが、これは結構ヤバイ!

雨が降ってきたら大変なことになると事態の重大さに気づいてから、夕立の来る道路を一目散に屋根のあるパーキングに向かって走り出しました。そのあとは、ビニールテープとナイロンで応急処置です。

とりあえず、代車をレンタルしなくては・・・・

しかし、10年、20万キロというのは伊達ではありません。そろそろ乗り換えですかねぇ~。





テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 10(土) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

表示はフロロ、でもナイロンなんです。

2006-07-25 01:18:49

釣りをする中でラインが一番重要です。

ルアーやロッド、リール、フックも確かに釣果の差になりますが、釣ってもらう中で一番気になるのがラインなのです。

しかし、ラインって地味で面白くない。テストをしていて一番苦痛なのが、ラインのテスト、二番目に苦痛なのがフックのテストでしょうか?(でも、私が一年間で一番テストすることが多いのが、このラインとフックだったりします。それだけ、釣行回数が多いから、これらのテストにはもってこいの人材なのでしょう。)

さて、ラインについて間違いの中で、一番多い例は全てナイロンセッティング。別にナイロンじゃ釣れない訳ではありませんが、ナイロンラインは伸びがあるので感度が落ちます。せっかく感度のよいロッドを持ってきても、ラインが伸びるから、ボトムがとれない、バイトがとれない、という理由で多くの魚を逃してしまいます。

続いて、多い例が、パッケージにはフロロの文字があるけど、伸びるフロロで結局ナイロンと同程度の感度しかないものを購入されるケース。

朝に私がラインを引っ張って「これフロロですか?」とたずねると、ゲストさんは「フロロって書いてありました」と回答されます。でも、フロロと書かれていて、実はナイロンだったりするケースもあり、よーくパッケージを見ると「フロロのようなナイロン」と正確にはナイロンと書かれたりしている商品があります。

また、場合によってはフロロなのですが、最終加工でしなやかさを増したためにナイロンのように伸びてしまい、感度がないモデルもあります。

ですから、同じフロロと言っても、千差万別であり、実際に手にとって伸ばしてみたり釣ってみて感度を測る以外に選択の方法はありません。

そのため、一銘柄で使っていて、安心できるラインがあったら、全て同じラインを購入された方が良いでしょう。間違っても、店頭に、このラインしか売ってなかった!というような消去法的なライン選択は止めて下さい。たいてい、こうしたケースの安売り品で、痛い目に遭いますから。

しかし、これをロッドに当てはめると、たとえば、テクナGPを買いに行ったけど、売ってなかったから、安売りロッドを購入しました。という例はあり得ないのに、ラインだとついつい購入してしまうというのは、ラインの購入があまり面白い事ではないだからでしょう。

このように釣具屋での買い物で一番面白くないラインですが、重要ですから、是非慎重に選んでください。










テーマ:よつあみ

整理整頓すべし!

2006-07-24 01:54:04

本日はガイドはお休み。

朝から湖上のチェックエリアを回りたかったのですが、バイト君が遅刻してきたので、その時間を利用して車の中を掃除。

まぁ、あちこちから忘れ去られた工具、パーツが出てくる。たとえばネジなどは一度ストックボックスから離れてしまえば、二度と使われることはないのですが、実はこうしたロスが結構な値段になっているのでは?とどこかの知事ではありませんが「もったいない」と思う訳です。

そこで、やはり「整理整頓は大切だ」と思ったら、私達のような商売は「車、船、部屋」というように3箇所が連動しているもので、1箇所整理してもまた別の場所にスペアーがあったりというようにロスが多い。

しかも、釣り道具だけでもロッド、リール、ライン、ワーム、シンカー、プラグ、小物などなど多種にわたる在庫をストックしているのに、さらにボート用品、パソコン、カメラ、書類というものも含めるとストックだけで各所が覆われてしまいます。

さて、こうしたストックの中には、「どうでもいい物」というのも結構あり、見ているだけで面白いもので、本日の「どうでもいい物」No1はフロントシートポールに取り付けるタオルの穴を開けて金具を取り付ける「ハトメ圧着工具」なる物が2個も車と部屋から発見されたことでしょう。

こういうロスを避けるためにも、ある程度の時間を割いて、棚卸ぐらいはしないといけませんね。今日はつくづくそう思いました。


テーマ:バスボート