話題の「脳内メーカー」を試してみよう!

2007-08-30 23:29:00

最近、話題の脳内メーカーを試してみました。

名前を入力すると、その人の考えていることが分かるというサイトらしい。かなりの人気サイトとなっており、時間帯によってはアクセス集中でタイムアウトしてしまうことも。面白いので、さっそく私も・・・。

まずは、正面バージョンで「平村尚也」を検索してみると・・・


脳内メーカー


おぉ、金の亡者らしい・・・。


一方、こちらの脳内メーカーで「平村尚也」を検索してみると・・・

平村尚也の脳内

こちらでは「食」がいっぱい。

「金」と「食」かぁ~。まぁ、「H」でいっぱいにならなかっただけでもマシか?面白いので、ぜひ皆様もお試しあれ。

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

ロッド選びの質問=総合タックル編=

2007-08-28 12:45:12

こんにちは
雨が続いていますねぇ。(メールを頂いたのが梅雨時期でした。「汗」)
ここまで雨が降ると体調管理も大変だとは思いますが、頑張ってください。
さて、釣りを一時休憩中にタックルの整理を考えています。そこでロッドの相談に乗って欲しいのです。
現在所有のベイトロッドですが、いつの間にやら下記の9本を所有しております
TAVーGP62CML
TAVーGP66CML
TAVーGP69CM
TAVーGP69CMH
TAVーGP70CH
ELTーCSー70CM
ELTーCSー72CMーT
ELTーCSー77CMHーT
ELTー73CXH

この中で「ELTーCSー70CM」の使用頻度が低く、バイブレ-ションの使用も考えて「ELTーCSー66CM」か「ELTーCSー66CML」への買い替えを考えています。私の釣りの頻度は、4~12月で平均月1回程度、4,5月で月2回って感じです。そこで質問ですが、「ELTーCSー72CMーT」を持っていても「ELTーCSー70CM」は必要でしょうか?また「ELTーCSー70CM」が必要な時とは、いつ頃のどのような状況でどのような使い方でしょうか?「ELTーCSー70CM」「ELTーCSー66CM」「ELTーCSー66CML」の中で1本持つとすれば、どれがいいでしょうか?「ELTーCSー70CM」でバイブレーションは少し扱い辛い気はしますが、あえて買い替える必要はないでしょうか?「ELTーCSー66CM」でファットペッパーを引くのは苦しいですか?
教えて下さい。


う~ん、かなり揃っているのですが、確かにダブっている部分もありますね。これだけのタックルを状況に応じて使うというのは結構難しいのも確かです。

まず、最初の質問のグラスロッドの買い替えの問題ですね。確かにELTCS70CMがファットペッパー級のクランクロッドとしてELT72CMTとダブり、さらにバイブレショーン用としては若干の硬さがあるという点での買い替えの余地はあるかもしれません。

まず、ELTCS70CMの使用は、ファットペッパーでのウィードを当てた瞬間に戻す、世間ではライザー何タラと呼ばれるテクニックで使用します。この技術はELT72CMTでも慣れれば出来ますし、一般の方にとってグラスよりもカーボンの方が投げやすいかもしれません。ただ、テクニックの習得度が上がるにつれて、実はグラスの方がロッドティップが入りやすいので、グラスの方がウィードを引っ掛けにくいということに気づかれると思います。

という訳で、技術レベルが上がった時に備えて、現状ではELTCS70CMはホールドしておいた方が良いでしょう。

さて、バイブレーションですが、これにはやはりグラスが1本必要ですね。確かにELTCS70CMでは若干雑さが気になるところですが、充分に可能な範囲です。さらに細かくというとELTCS66CMLJをお勧めしますが、来シーズンにはファーストムービング専用モデルの中にバイブレーション用のTAVGPF70CMLJというモデルも発売になります。

という訳で、現状で早急に揃えるなら、ELTCS66CMLJで、来シーズンまで待てるのならTAVGPF70CMLJをお勧めいたしますが、現状ではTAVーGP66CMLをお持ちなので、慌てる必要は何もないと言えるでしょう。

あとのタックルについては、ほぼ完璧に揃っております。ですから、暇が出来たら、釣りをして下さいね。ロッドも使ってナンボ、家で飾っておいても仕方が無いので、釣りに来てください。またガイドでもお待ちしております。

平村尚也












いろいろ質問攻めですみません
急ぎませんが、買い替えるのであれば、9月下旬には入手したいと思います。
よろしくお願いします。

テーマ:ティムコ・フエンウィック

型狙い?それとも、数狙い?

2007-08-27 15:14:55

南湖各所でヘビーテキサスが効きはじめた。

1ozのヘビーテキサスを使うこの釣りも流行から数年が経過しており、パターンとしての目新しさは無くなってきている。しかし、新しさが無くなったために、バスも見慣れているのか、非常に繊細なアクションが要求されることが多くなってきた。

ガイドにおいても、ゲストさんに釣れないことが多く、ゲストさんのアクションを何度も修正させてもらっているが、それでも数時間ノーベイトということも日常茶飯事であり、数時間ノーバイトに耐えられる精神力が必要となってくる。

もちろん、最初のバイトが運良く15分ぐらいでゲストさんに出てくれれば、ほとんどのゲストさんが次のバイトまで集中して釣っていただけるのですが、私に釣れてゲストさんにノーバイトだと辛い展開が続く。

釣り方のキモは湖上でレクチャーさせて頂くことになりますが、1日一人3バイトというのが最低ンラインで3バイト×3人で9本(40アップと50アップ)というのが相場。これより調子が良い日はそれ以上に釣れ、調子が悪ければそれ以下ということになる。そして、そのバイト以外はほとんとど釣れない。ただ、本当に50アップ率は高いのが魅力・・・。

その一方で、湖北は無限バイトの入れ食い。トップでも活発に出てくる場所もあるので、5分以内にバイトはほぼあります。ただサイズは一日続けて40アップ、極まれに50アップが1本から5本入るかどうか。30cm前後のボテボテの引きまくるバスを相手にトップ、ミノー、ライトリグで遊んでいただくこととなる。

一番良いのは両方を堪能できることだが、どちらも好調なのは午前。できるだけ、どちらも楽しめるようにさせて頂きますが、結局は、どちらかに重心を置いてするより他ありません。

サイズか?数か?ガイドの朝にお伺いしますので、どちらか選択してください。


テーマ:琵琶湖