「マルチカーリー」が店頭に!

2011-03-29 02:31:09

 先日、セブンパームス堅田店さん、ファインルアーさんの二店舗に立ち寄ると「マルチカーリー」が店頭に。


画像


上がZBCのCテール、下がマルチカーリー。

 アフターから晩秋まで困った時のCテールというぐらい多くのアングラーのお助けワームとなっているZBCのCテールは私も昔から愛用しておりました。本当に良く釣れるというか、釣れ過ぎるので封印することも多い。

 で、使っている内に、強風の時にもう少しボリュームがあれば・・・。サイズUPさせたいので、もう少しバルキーであれば・・・。と思って色んなワームを試してみましたが、コンセプトが違っており、グラブになってしまったり、フォール時にボディが揺れすぎたり意外とこのジャンルのカーリーテールワームで微妙なサイズというのが無いことに気付きました。

 ならば、作ってしまえ!と作成に掛かったものの、やってみれば分かるZBCのCテールの凄いこと。

 カーリーの幅からボディの比率、素材まで一致してないと釣れないのです。

 何度も試行錯誤を重ね、水噛みをよくするためにテールにリブを取り付けたり、マルチスティックで採用した扁平ボディを取り入れてようやく完成し、やっと発売となりました。

 マルチカーリーはネコリグ、ダウンショット、テキサス、スプリットショット、ジグヘッドに対応します。使う季節はアフターから夏、そして秋は晩秋まで。カーリーですのでフォールを中心に横方向のアクションもGOODでベイトフィネスにもボリュームがあるので対応します。

 GW明けからのアフターのバスが多くなったら、CテールとマルチカーリーをTPOに合わせて上手く使い分けてみて下さい!

テーマ:ティムコ・フエンウィック

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 10(土) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

何気に良いアイテム「フーデットネックウォーマー」

2011-03-28 12:45:54

何気に良いアイテムの紹介です。

ボイルの「フーデットネックウォーマー」
画像


コレ実に良いです!

 寒い日には帽子の上から頭全体を覆うようにして使えます。バスボートの走行でも帽子が脱げず、走行時の冷たい風からも頭を守ってくれます。さらに釣りをしている時も、そのまま被っていても防寒のフードと異なりフリース素材ですから遮音せずに、周囲との会話も自由自在で、ガサガサという耳障りな音もありません。

 暖かい日や時間帯には、フード部分を首元まで落とせばネックウォーマーに早変わり!
 
 顔全体を覆う場合には、日焼け防止にもなるし、さらに黄砂や花粉からも守られるという優れもの。花粉対策として冬だけでなく、この時期にも超活躍で手放せません!洗い代えが欲しいので2枚オーダーしておけば良かったと後悔している日々です。


テーマ:ティムコ・フエンウィック

当面の「更新自粛」および「今後のガイド」についてのお知らせ

2011-03-13 22:12:07

 今回の地震におきまして被災された方々にお見舞い申し上げると共に、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。また行方不明の方々のうち一人でも多くの方がご無事で生存されることを心よりお祈りしております。


◆ブログ更新の自粛のお知らせ
 東北太平洋沖地震の状況を鑑み、当面の期間のブログ、ツィッターでの更新の原則停止をさせて頂きます。

 なお、名光通信社「ルアーニュースTVの琵琶湖リサーチTV」も今週の更新を停止させて頂きます。


◆ガイド実施およびガイドキャンセルについて
 今後のガイドにつきましては、琵琶湖周辺は地震の影響は幸いにもございませんでしたので、西日本および経済活動、交通事情の許す範囲のゲスト様に限り実施させて頂きます。ただ、燃料、電気等の供給状況が悪化した場合には社会的影響を考慮して中止を検討させていただく場合があるかもしれませんので、ガイド予定日より前にご相談させて頂きます。

 東日本方面のゲスト様につきましては、キャンセル等の連絡が困難な事が予想されますので、前日の連絡つかない場合には自動的にキャンセル扱いとさせて頂き、その場合のキャンセル料金は当然の事ながら一切不要とさせて頂きます。まずは、お仕事、生活の回復および健康面の維持にお努めください。そして、また釣りができる生活が戻りましたら、お会いできる事を楽しみにしております。
 
 なお、ガイドの場合には、ガイド料金の一部を義援金として寄付をさせて頂きます。今回の災害の状況から致しますと、微々たるものとなりますが、ガイドとして今回の震災の被災者の方々に少しでもお役に立てればと思っており、今後も何らかの形での支援の可能性を検討しております。

 平成23年3月13日 truth 平村尚也

 

テーマ:雑記帳