SPF100の日焼け止め

2012-05-29 20:41:47

 

アメリカで購入してきたSPF100の日焼け止め。

truth diary ブログ写真 2012/05/29

焼けないのは良いのですが、体に悪そうな気がします。塗った後はクレンジングクリームが必要なぐらい頑固で、肌にベタっとのっかて白塗りになってしまいます。

 

日本ではSPF50まで。日本化粧品工業連合会でSPFの上限は「50」と決められているそうで、昔は100という製品があったらしい。

 

ただ、これの効果は抜群で、50だと簡単に焼けてしまうのが、100だとマスキングをしたかのように塗っていないところと塗った部分の境目がはっきり出てしまう。こないだなんかは、指3本で腕に塗ったら、見事に指の型がついていた!

 

ガイド達は世間を歩くと振り返られるぐらい真っ黒。しかもサングラス焼けで、不思議な人種であるのは間違いない。そこで、サングラス焼けを嫌がって、紫外線を防ぐグラスなしで釣りをすると、それはそれで白内障の危険があるし、やはりサングラスは付けた方が良いでしょう。

 

ちなみに、あるガイド君は、合コンの前日にサングラスなしで釣りをしてなんとか全体を焼いたという涙ぐましい努力をしていたという情報も・・・。

 

やっぱりガイドも好きで焼けているのではないようです。そうなると、やはり「日焼け止め」か「フェイスカバー」のようなものが必要になってきます。で、このSPF100に私は挑戦していますが、これはこれでお肌に悪そう?

 

結局のところ、何をしていても健康に悪いのかもしれないという結論になります。ハイ。。。

 

 

 

 

 

 

テーマ:雑記帳

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 10(土) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

タックル交換&ライン巻き替え

2012-05-27 07:26:59

 

 休日を利用してタックルの入れ替えとライン巻き替え。これって休日なのでしょうか?と疑問を抱きつつもボートの上でノンビリ作業。

truth diary ブログ写真 2012/05/27

 季節の進行と共にトップなどが入るため、タックルの入れ替えが激しい。よく「こんなにロッドが要るのですか?」と家族や知人に聞かれますが、そういう時には「ゴルフにもクラブがいっぱいいるじゃないですか?」という風に答えておきます。

 

 たいてい、それで納得してもらえますが、自分でもたまに「多すぎるのでは?」と疑問に思うのは心の奥底にしまっておきます。ちなみにボート上に31本。ゲストさんへのレンタル分も含めると常時これぐらいは準備しておくことになります。

 

 そろそろ水面への反応が良くなりそうなので、マイキー、小型トップ、フロッグと準備したいが、これだけで3タックル。マイキーは巻きでの反応があるときは、ある程度ティップの食い込みがないと乗らないので、TFGP74CMJでクランクと兼用に。小型トップは前半はウィードが薄く、スローに丁寧に攻めたいのでTFGP62CMLJ、フロッグは今年の楽しみでキムケンのバスタークを使うのに準備。ロッドはTAVGP70CMJあたりか?PE65ポンドの組み合わせ。

 

 そんな、こんな、を色々考えながら準備しているとあっという間に時間が過ぎてしまう。

 

 それがバス釣りの楽しみの一つでもあるから、仕方が無い。

 

 

 

テーマ:ティムコ・フエンウィック

雨の日に最高「APシートカバー」

2012-05-27 07:13:00

 

 雨の日にレインウェアーを脱がずに車に乗れる「APシートカバー」を取り付けた。

truth diary ブログ写真 2012/05/27

 取り付けは簡単で、ヘッドレストにゴム紐を付けて、シートをバックルで固定、足元にフックを装着するだけ。

 

 これは透湿防水生地のエアロポーラスが使われているので、濡れたままでもシートに座れる一方で、ナイロンのようにベタベタした生地ではなくサラッと麻のような感じで、普段から装着していても違和感がありません。

 

 10年以上経過した私のプラドのシートはそろそろ運転席側の摺れる部分が、薄く破れそうになっていたので、「これはちょうど良い!」と装着。

 

 汚れは付かないし、雨の日も使えるし、シートの保護にもなると良いことだらけ。

 

 さらに、こらから雨の日が多くなるので、これで一安心?

 

 

 あと、ボイルの新しいレインウェアーを導入。

truth diary ブログ写真 2012/05/27

 こちらは雨の日に本領発揮のはず。若干厚めの素材なので、肌寒い日に役立ちそうです。

 

 

 

テーマ:ティムコ・フエンウィック