琵琶湖リサーチ the movie 2

2013-02-26 07:27:32

「琵琶湖リサーチ the movie 2」が発売になります。

一年間の琵琶湖リサーチTVの収録と共に、湖上でのウィード、地形を収録。

これ1本で2012年の琵琶湖を振り返り、琵琶湖南湖の釣りが復習できます。

今年も実釣なしの400分超の完全学習型DVD。琵琶湖南湖を勉強するためにどうぞ!

truth diary ブログ写真 2013/02/26

名古屋バスフェスタでルアーニュースブースで販売決定!

釣具店でもお求め頂けます。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村:2月23(木) 28(火)   3月3(金)

大熊:3月10(金) 11(土) 12(日) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:1月21(土) 22(日) 28(土) 29(日)   2月11(土) 12(日) 18(土) 19(日)   3月12(日) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)

詳細・ご予約

よつあみのラインがッ!

2013-02-21 22:49:51

 フィッシングショーでよつあみブースに行ったら、ニトロンシリーズがリニューアルされるとのお話でした。

 新しいシリーズは「WALKER」との事。

truth diary ブログ写真 2013/02/21

 まだ、詳細は分かりませんけど、定評のあるナイロンに加えて、フロロの3タイプ。

 ラインは基本的に、「気にならない」のが一番良いもの。トラブルが無いと無意識に使っているので、ラインの事をあまり考えないという訳です。

 逆に気になるラインというと、トラブルの出るライン、ラインブレイクしやすいもの、という具合にラインの悪さが気になります。

 それから、ラインはコロコロと銘柄を変えないこと!

 これは、いつも同じテンションでバスと引っ張り合って、限界値を体で覚えるため。エビモに潜られそうな時に、「このぐらいならOK」というのを感覚として覚えていると、ランディングが楽になる。

 いつも同じラインを使っていれば、このラインの16ポンドなら、このフッキングで大丈夫という具合に、アワセ切れも防げます。

 ラインの強さを体で覚えるという事です。

 だから、同じ銘柄のラインを継続して使い続けることをオススメします。という訳で、私も「WALKER」が発売されたら、しばらく継続して使って体で強さを覚えます。

 

 

 

テーマ:雑記帳

ロッドに関する質問

2013-02-20 10:28:07

Q,こんばんは。M(当方で匿名変換)と申します。


件名の通り、ロッドに関してアドバイスを頂きたくメール致しました。

この度、琵琶湖でワンシーズンを通して使用するベイトフィネスロッドとスピニングロッドの購入を検討しています。

アイアンホークシリーズにすれば問題ないかと思われますが、個人的にテクナシリーズを使用したいと思っています。また、近々テクナPMXシリーズも発売されるようですし、非常に悩みます。いろんなパターンを考えれば、それぞれ一本ずつで考えるのは難しいかもしれませんがアドバイスをお願いします。

ちなみに、現時点で、
ベイトフィネスはTAVGP65CULJ(ダウンショット、スライド等)
スピニングロッドはTPMX62SLJ(シャッド、ライトリグ全般)
を考えています。

 

 

A, いよいよシーズンイン直前となり、ロッドに関する相談も増えてきました。

ご質問の内容から見ると、ほとんど結論が出ているようで、選択されているロッドも間違いはないと思います。

◆ベイトフィネスロッド

 ただ、ベイトフィネスを1本でダウンショットとスライドのリアクションネコを共有するには、どちらかのリグがある程度犠牲になるのは仕方が無いでしょう。

 選択の65ULですと、ベイトフィネスのダウンショットは完璧ですが、スライドを跳ね上げる時には若干クイックさに欠ける部分はあると思います。まぁ、頑張れば対応可能ですので、1本となると65Lと非常に迷うところです。

 将来的に65Lを取り入れる予定ならば、65ULで良いと思いますが、予定がなく1本だけという選択ならば、69ULP(パワープラス)の方が長さがある分、ティップもソフトであり、長さで跳ね上げられるという両方への適正度は高いと思います。

 将来のロッド購入プランと相談してみてください。

 

◆スピニングロッド

 あとPMXの62Lですが、こちらは残念ながらまだ湖上で触っておりませんので、なんとも申し上げようがないのが実情です。フィッシングショーでは私も触っていますが、それで結論を申し上げるのも、あまりにいい加減すぎるので、回答は今はできません。

 現状は私もテクナGPシリーズ、エナジー、アイアンホークフックセッターの中からセレクトしています。ただ、今後、PMXシリーズもサンプルが増えたり、琵琶湖モデルが作られた場合にはセレクトに入れる可能性はあります。

 ですから、もう少し先なら、ズバリ回答ができるようになると思います。

                                              平村尚也

テーマ:ティムコ・フエンウィック