10月27日「水門閉鎖による揚降場所変更のお知らせ」

2015-10-27 20:34:27

 琵琶湖の水位がマイナス50cmに到達する事が見込まれ、10月28日から3号水門が閉鎖される事が決定致しました。

 従いまして、水位の回復までの期間、通常南コースの南湖ガイドでのレークマリーナが使用できない状況となります。今後の南湖での揚降場所については検討中ですので、決定次第、ゲスト様にはお伝えさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 なお、北コースの北湖希望の場合は通常通り、大浦ファイブオーシャンスタートとなっております。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

テーマ:ガイド

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:2月25(土) 26(日) 27(月) 28(火)   3月1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:3月12(日) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)   4月1(土) 2(日) 3(月) 10(月) 11(火) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日) 17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日) 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29(土) 30(日)

詳細・ご予約

10月26日トレーラー整備「板バネ、ブレーキパッド交換」

2015-10-27 20:21:03

 牽引をしていて違和感を感じるのは、トレーラーがバウンドした時の異音。

 最近、板バネ付近から軋み音が大きくなってきたので、板バネを交換してもらうことに。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 この5枚の板バネはまだ丈夫でトラブルが少ない。2000年代前半に出た1枚バネのフレックスリーフというのが、板バネ折れが多発する問題バネです。

 その1枚バネで牽引して、板バネが折れて立ち往生したアングラーが何名もいます。

 新品の板バネを並べてみると、ソリが随分と違いますね。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 ボルト類も曲がり等が目立つので交換時期です。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 新品の板バネがついて異音が消えました。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 続いて、ブレーキパッド類の交換です。トレーラーの油圧システムは揚降で水没させるので、かなりの高確率で錆びて固着しています。固着してパッドとディスクが擦れるので、熱で焼ける。パッドが磨り減るというトラブルが多発します。熱で焼けて固着して立ち往生というのも多いトラブルです。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 今回も例に漏れずに固着です。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/27

 新品のキャリパーとパッドに交換して作動。

 当然、このタイミングでベアリングもチェックしてもらいます。

 トレーラーを牽引するというのは、ここまで整備する必要があり、決して経済的ではありません。私は業者なので頑張っていますが、一般の方ですと、こんな整備に休日を使うのは無駄ですので、マリーナに保管されて貴重な時間は釣りをされることをオススメします。それぐらい牽引というのは手間と時間とお金が掛かる行動です。

 自動車のタイヤを毎日のように湖に漬けたりしないのに、トレーラーはそれが普通なんですがから、故障して当然なのです。ですから、少なくとも置いてあるバスボートをナンバーがあるからと言って、すぐに引っ張れると勘違いしないで下さい。整備をして始めて牽引できるものですので、バスボートの牽引メンテナンスを自動車と同じ程度に考えないでくださいね。

 

テーマ:バスボート

10月25日「大荒れで京都へ」

2015-10-25 18:34:32

 ついに琵琶湖にも木枯らし1号が到来。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 大荒れです。南湖だけなら出れますけど・・・。

 所用で今日は京都へ。

 

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 五条大橋の牛若丸と弁慶。だいたい、写真を撮ると後ろの出光のガソリンスタンドが写ります。

 まぁ、本来の五条大橋もこの場所ではなく、もう少し北だそうですし、さらに弁慶と牛若丸が五条大橋で出会ったというのも諸説あり。意外と京都の伝わる歴史というのも調べてみると実は・・・という話が多いものです。

 

 今日は高瀬川沿いを散策。五条大橋付近は五条楽園という花街だった地域。昔はもう少し、その名残のお店があったのですが、段々と駐車場などに変わっており、その風情が無くなっていましたね。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 残っているのは河原院跡の榎の木ぐらいかな?

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 榎の木。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 この河原院が河原町通りの起源だそうです。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 源融が光源氏のモデルだそうな。

 高校生の頃、古文が苦手で源氏物語が古文で読めずに、少女マンガの「あさきゆめみし」で理解した事を思い出す。

 北上して四条を超えて、いきなり九州文化の一蘭へ。遠賀川で試合があると毎日のように行ってたけど、今ではお腹が耐えれない。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 こんなセッティングで良かったけ?並んでいる中国人に英語で一蘭システムを説明。大盛りというシステムではなく、替え玉というシステムを英語で説明する難しさ。中国人に説明していたら、今度はフランス人まで集まり、また説明することに。どうやら、海外のWEBにも掲載されているらしい。

  九州の方に言わせると「高い」「こってり過ぎる」らしい。

truth truth_diary ブログ写真 2015/10/25

 今日のセッティングから、こってり度合いを1段階アップ、秘伝のたれを1段階ダウンが正解かな?これは次回の為の個人的な記録です。

 

テーマ:グルメ