9月17日平村ガイド「隙間ウェイトのシンカーの話」

2017-09-17 17:42:35

 休日の仕事はシンカー整理。

 湖上で素早くシンカーとフックを取り出せるというのは実に重要な事です。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 シンカー一つで根掛かり連発になったり、ボトムを取れずにバスをキャッチ出来なかったりするだけでなく、フォール速度でワームの動きが変わるからバスのバイト数も大きく変化します。釣りの命は、糸、針、オモリ。この3つに次いでロッドで、最後にリールという感じですね。

 さて、先日、鬼形氏と会話していて、私は普通だと思っていたのですが、「世間では知られてないよ」と話題になったのが、ジャッカルのダウンショットシンカーの2,2gとゲーリーヤマモトのスゴイシンカー4gです。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 これは釣りを本気でやっているアングラーの多くがたどり着くのですが、テキサスシンカーの3,5gと5gの間って凄く大きく感じるのです。

 ボトムを取っていて3,5gでは軽すぎると思って5gにすると重すぎて・・・。という具合の事がテキサスリグで結構起こるので、この間は無いのか?と探し始めると4gというシンカーが見つかるのですが、実は4gタングステンテキサスシンカーというのはゲーリーさんのスゴイシンカーにしかないのです。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 タングステンシンカーが出て、かなり初期からあるのですが、スゴイシンカーの4gは昔からの定番品。

 知っている人は知っているアイテムでして、これが入っているボックスを見ると、よく釣りこんでいる人なのだなぁ~と思う訳です。

 

 それと同様なのが、ジャッカルのダウンショットシンカーの2,2gの存在。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 ここは1/16ozの1.8gと3/32ozの2.7gの中間となりますが、2.7gでは根掛かるけど、1.8gでカーリー系やシャッドテール系の動きがスローになりすぎて困るという場面では必ず使うアイテムです。先日のアベマTVでも鬼形氏がプロが2,2gのダウンショットシンカーを使用しているというと「ジャッカルのダウンショットシンカーですね」と解説していて、ジャッカルにしか2.2gは無いから、2,2gを使うということはこのシンカーである事を指摘していました。

 こういうシンカーの僅かな違いは、拘らないアングラーにはどうでも良い話ですが、やっぱり釣りを本気でやり出すと、皆が同じところに到達するというのが面白いですね。目立たないけど、ほんと面白いし、実際に釣っているアングラーが実は気付いているけど、そこは普通にやっているから語られることが無いのです。

 ゲーリーヤマモト社もジャッカル社も廃盤にしないところを見ると、意外と売れているのではないのかな?という気はします。

 

テーマ:ジャッカル

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

10月 2(月) 3(火) 4(水) 9(月) 11(水) 12(木) 13(金) 16(月) 17(火) 19(木) 23(月) 24(火) 25(水) 30(月) 31(火)
11月 1(水) 2(木) 4() 5() 6(月) 7(火) 9(木) 10(金) 15(水) 16(木) 17(金) 19() 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木)

武田栄喜

9月 27(水) 28(木) 29(金) 30()
10月 6(金) 7() 11(水) 12(木) 13(金) 15() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 31(火)
11月 1(水) 2(木) 3(金) 4() 5() 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11() 12() 13(月) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18() 19() 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25() 26() 27(月) 28(火) 29(水) 30(木)

真木将行

9月 27(水) 28(木) 30()
10月 1() 4(水) 5(木) 7() 11(水) 12(木) 15() 18(水) 19(木) 25(水) 26(木) 28() 29()
11月 1(水) 2(木) 3(金) 4() 5() 8(水) 9(木) 11() 12() 15(水) 16(木) 18() 19() 22(水) 23(木) 25() 26() 29(水) 30(木)

詳細・ご予約

9月17日「台風18号により全面休業」

2017-09-17 17:18:12

 本日は台風18号により休業です。

 レークマリーナは水門閉鎖の為、使用できない状態で、各地のマリーナでもクローズとした所が多いようです。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 判断として台風接近で正しいのですが、実際は台風の接近は遅れて17時まで風は弱く、湖上は大荒れにはなりませんでした。

 そのため、クローズしていないマリーナからは出艇が可能だったようです。

 

 だれも居ない湖上と思いきや、ジョンボートやカヌーの方が湖上に!台風の風は突然来るので、自己責任とは言え、お気をつけて。

truth  ブログ写真 2017/09/17

 台風の通過は今晩がピークだそうです。

 台風の場合は、影響が出る範囲と出ない範囲の差が極端になるので、明日以降の湖の様子が気になりますね。

テーマ:ガイド

9月14日平村ガイド「レジットデザインテスト2日目」

2017-09-15 05:52:50

 ワイルドサイド(レジットデザイン)のテスト2日目。

 昨日からのテストではソリッドティップを登載したベイトフィネスとテキサスリグのロッドを試す。

 北湖のディープのヘビダン、南湖のウィードアウトサイドのダウンショットでは、バイト時に弾くことがカーボンでは見られるので、それを低反発のソリッドディップを登載することでバイトを弾かないようにすることを主眼にソリッドティップ登載のベイトフィネスを作ることに。

 当初はカーボンで柔らかくしていく事からスタートしたものの、カーボンでティップ部分をソフトにすると全体のバランスからバッド部分もソフトになり、大型のバスがヒットしたときにノサれてしまい、バスに潜られることが多発。そのため、バッドパワーにはカーボンの強さをもたせてティップセクションには低反発なソリッドを繋ぐことでパワフルで低反発ティップを登載したベイトフィネスという設定となりました。

 その条件が想定される北湖10mディープフラットで、フリックカーリー4,8のヘビダンで。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 完全にティップがスッと入る感じでバイトを弾かずにフッキング。ランディングもカーボンバット部がしっかりとバスを上げてくる。残る問題点はカーボンとの接続部の強度、ソリッド部の長さの硬さ設定となり、次回サンプルのための長さ、ティップセクションの硬さを指示する。

 これが完成すると、ロックエリアやクイックなアクションが必要な時には従来のカーボンのワイルドサイド64Lでネコリグ、ダウンショット、67Lプラスでのヘビダンと共に、ディープフラット、ウィードエッジでのソリッドベイトフィネスでの喰わせというように完璧となるので、来期に向けて開発を進めています。詳細なモデル名は、まだ長さ等の変更があるので、ご紹介できませんが、ご期待ください。

 あと、テキサスリグのソリッドタイプもテスト中。

 こちらはテキサスリグでノラないバイトをノセられるように、低反発なソリッドティップを登載する予定。ただ、ある程度の硬さをティップセクションに登載すると、カーボンチューブラーとの違いが明確にならなくなる面も。ソリッドを登載するならば、できるだけ低反発にしてソフトな食い込みの良さを実現したいのですが、あまりソフトすぎると感度もノリも逆に悪くなる面もあり、さらにソリッド部の長さを短くすると先端だけが曲がり過ぎるティップアクションとなり、それは投げにくく、折れやすいロッドとなり使い手を選ぶようになってしまいます。そこを出来るだけ普通に使えるように滑らかなアクションに設定する作業をしておりました。

 カーボンチューブラーとは違う、ベイトロッドでのソリッドというジャンルでソリッドを登載するデメリット(主に重くなる)とメリット(主に食い込みがよくなる)のバランスを測り、その適正バランスなるサンプルを作るという作業となります。 

 

 一方、開発担当の鬼形氏は来期発売予定のマルチピースで。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 10mディープでもボトムを取ってバスを釣る感度をもたせたフィネスガイドセッティング。

 北湖ディープで回遊するバスを狙ってプロトロッドでキャッチ。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 ディープでの感度テストも完了。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 もう一つは素材のテストで、パンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)で素材の強さ、感度なども確認。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 その後はテストもしながら、琵琶湖初体験の松山氏にも釣ってもらう為に色々なパターンも。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 72MHでドーン1/2oz改でキャッチ。

 リズムカーリーのテキサスのマキマキでも。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 これは610Mで。

 もう1発。

truth  ブログ写真 2017/09/15

 だいたいの内容は初日に終わっていたので、2日目は強風もあり、午後は巻き展開でした。

 

テーマ:レジットデザイン

       2016-04