セイラミノーのチューニング

2016-06-26 16:15:51

 ここ最近、絶好調のセイラミノーですが、晴れた日やレンジが下った日に「追ってきて喰わない」というシーンが何度かありました。もう少しレンジが下れば喰うという場面に有効なチューニングが板オモリの貼り付けです。これでレンジが下げて引けるのもあるのですが、同じレンジで巻きスピードを上げて見切られないという意味も重要なのです。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 用意するのはセイラーミノー70Sと80S。使い分けは風がある時は80S、無風の時は70Sとなります。

 そして、アクティブさんの鉛シール0.5mmと1mm。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 カットする時は幅7mm程度、長さ2cmぐらいにします。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 そうすると、0.5mmなら1g、1mmなら2gのウェイトが完成します。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 見事!

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 惜しい!とカットしながら、遊んでおりますが、実際の誤差はどうでも良いことです。

 しかし、貼り方は重要です。かなりのシークレットですが、頭側に2gを貼って、後ろ側に1gを貼って合計で3gにするのですが、前が重くなると、PEラインを使用したときに、ウェイトを貼ってもちゃんと水平に巻けるようになるのです。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 これをするだけで、アラ不思議、かなり見極められる率が減少するのです。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 こういうNHウロコホロ フラッシュアピールなどはカラー的にも鉛との相性がピッタリ!

 ちなみに70Sのノーマルウェイトは3.95gぐらい。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 これに3gプラスして6.95gにします。

 そして、80Sは7.25g

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 これには3gプラスと6gプラスを準備しておき、ディープレンジで晴れた時でもセイラで爆釣となる訳です。

 こうしてタックルボックスの中身は、ノーマル、3gプラス、6gプラスと準備されています。

truth truth ブログ写真 2016/06/26

 同時にIプロップも3gプラスバージョンを作っておくと、見切られる率が下ります。ノーマルからチューンしていくことで確実に釣果が上がるようになります。じゃ、最初から重ければいいのでは?という声が聞こえそうですが、重くするのは、こうして鉛を貼るだけで済みますが、軽くするのは大変というのは考えてみるとお分かり頂けると思います。だから、アングラー個々が必要に応じて板オモリを貼ってバスの追い方に合わせる方が、効率的ということになるのです。

 ただ、貼り方が下手ではみ出しが多いと、セイラがロール(ウォブル)するので、板オモリをきれいに切るか、巧く出来ない場合は、0.5mmを2枚重ねした方がボディとの密着はよくなります。

 

 

 

テーマ:ジャッカル

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:2月18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火)   3月1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日) 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 10(金) 11(土) 12(日) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:1月28(土) 29(日)   2月11(土) 12(日) 18(土) 19(日)   3月12(日) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)

詳細・ご予約

レジッドデザインブログ更新

2016-06-15 22:34:26

 

レジットデザインのブログ更新しました。

お題は「トップとフローティングミノーのロッドについて」
ショートロッドの62ML、63Mのどちらが良いのか?
左ハンドル、右ハンドルの使い分けについて。
記載しておりますので、ご一読くださいませ。

http://legitdesign.co.jp/naoya-hiramura/平村コラム/1595

テーマ:レジットデザイン

6月12日平村ガイド「日曜日の仕事」

2016-06-13 22:23:55

 日曜日の午前の仕事は、ルアー削り。

truth truth ブログ写真 2016/06/13

 試作品の原型を紙粘土で作ってみて、サイズ感を把握したり、現状のルアーに手を加えてみてアクションがどう変わるかを試す。

 写真はリレンジのサスペンドをフローティングに改造しているところ。この時期の琵琶湖はフローティングミノーは定番なので、発売される前に試しに自分で作ってみることに。これが仕事なのか趣味なのかは分かりません。

 午後はルアニューの別冊原稿の仕上げ。

テーマ:ジャッカル