2月25日は南湖

2009-02-27 08:52:00

朝から雨です。

 「どうする?」と電話をすると、「様子見ましょ!」と期待通りの回答。

 そういう人じゃないと、困ります。

 雨の中出る!とか気合のある回答をされたら、ほんと困りますもん。

 という訳で、雨が止んでからの午後出艇です。

09022502.jpeg
 今日は国保氏だけで、大熊氏はガイド中です。

 ガイドの始まる順番は、大熊氏「年中無休」、国保氏「3月3日」、私「3月11日」という日程です。湖の魚の状態から見れば、1月営業で2月後半から3月初旬に一度休むというのがベストかなと思うぐらい、毎年、この時期が一番釣れなくなります。年末や年始の方がよっぽど釣れる秋の状態のままなんです。

 さて、この日は、営業に向けた他エリアの開拓へ。
09022501.jpeg
 でも、水温下がっています。

 場所は、正しいと思いますが、この暖かくなってから急激に冷え込んだ場合、バスが動かなくなるので、正しくても釣れません。まして、雨の止んだタイミングというのは、雨の間だけ釣れていて、止んでからは反応が無くなるというのは真冬に限らずのこと。

 ですから、究極の選択として

1、魚が釣れるが、冷たい大雨に打たれる。
2、魚が釣れないが、雨に濡れない。


 このどちらかになる。さぁ、皆さんはどっち?

 我々は、もちろん「2」でした。

 いろいろなエリアを観て回りましたが、3月初旬から中旬に、多分南湖で3箇所が釣れ始め、1箇所が200艇ぐらいの船団になるだろうというのが二人の一致した意見でした。

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月8(月) 9(火) 10(水) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

2月19日は南湖

2009-02-24 13:39:00

この日もガイド3人(大熊、国保、私)で釣りに。

北風が強く寒い日。

「ねぇ、ランチにしない?」

10時ぐらいから、そんな会話が続いて、アングラーズインに突入。

他のガイドさん達から、「珍しいメンバーだねぇ~」とお前ら何してンの状態。

さて、午後から大熊氏が船舶免許の講習へ。

さぁ、この人がエレキを踏み出しました!
09021901.jpeg
まずは可愛く1本目。

この時点では、前回ツライ目に遭わしたから、「良かったね」と・・・。

でも、
09021902.jpeg
やっぱり、この人はこうなんです。

これで、焦って釣ろうとしても、すでに遅し・・・。

大熊オジサンも講習から戻ってきて、「釣るぞ~」

と気合が入ったら、渾身のフッキングで「プチッ」

こうして、国保氏に返り討ちにあった二人。

なかなか仲良く釣りが出来ないようで・・・。

テーマ:琵琶湖

2月15日は南湖

2009-02-23 11:06:00

この日は新規開拓へ、後輩2人をキャスティングマシーンとして搭載。

さぁ、投げてくれ、釣ってくれ!
09021501.jpeg

しかし、天気は晴天無風。。。
09021503.jpeg
釣れますかいな!

ならば、無駄にならないように、新しいエリアのウィード状態をチェックする。

ついでに、ルアニューのリサーチ用の水温チェック。
09021502.jpeg
おいおい、10度超えてますよ。

ひらすら、新規チェックをして帰ってきたら、「そんな場所やってたら釣れんやろ」とまともな指摘をされました。

「確かに」

テーマ:琵琶湖

       2009-02