プレガイドの巻

2007-02-27 21:14:12

 今日は本来の予定では3月からのガイド予定だったのだがゲストさんの希望で本日プレガイドを行った。
最近また暖かいのでかなりウズウズしていらっしゃるご様子。
が朝、マリーナに到着するとやはりボートは霜まるけ。20070227-1.jpg

しかし今日は夕方こそ天候が崩れるものの日中は暖かいらしく、気を取り直していざ出撃。
朝からクランクベイトをキャストするものの何も釣れません。暖かくなったは良いがピーカン・ベタナギでクランクベイトはムリ!!
早速タレタレフィッシングを実践、船中タレタレモード突入。20050227-2.jpg

しかし一向にバイトはなくシャローをやったりするもののまったくダメ。
午後になって変化が訪れた、私に待望のバイト!!…がラインブレイク。

ゴツゴツ!!またバイト!!…しかしまたラインブレイク。

コッ!!…乗らない…。

ゲストさんにもヒット!!…バレました(涙)

コッ、グーン…!!しかしまたまたラインブレイク!!!!!!!!!!!!


ライン巻き替え中


でようやく次のバイトをものにして上がって来ましたブラックバス。
20070227-3.jpg


船内、ちょっと盛り上がります。
ちなみにこんなのも釣れました。
20070227-4.jpg


このサイズがヒットするということはかなり活性も上がっているはず、
しかし残り時間は僅か、クランクベイトにチェンジして再度アタック、
するとなぜか私のダイビングミノーにヒット。
20070227-6.jpg

結果としてバイトの半分もランディング出来ませんでした、また今日はバスが一切浮かず、ちょっとしたリグやアクションの差で釣れなかったりとなかなか難しい一日でした。
しかし3月になればもう少しは簡単になってくると思います。…と良いな。

テーマ:旧ブログ

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

9月 6(水) 8(金) 15(金) 19(火) 21(木) 22(金) 25(月) 26(火)
10月 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 11(水) 12(木) 13(金) 14() 16(月) 17(火) 19(木) 22() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 27(金) 29() 30(月) 31(火)

武田栄喜

9月 15(金) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 24() 26(火) 27(水) 28(木) 29(金)
10月 6(金) 7() 9(月) 10(火) 11(水) 12(木) 13(金) 14() 15() 23(月) 24(火) 25(水) 26(木) 30(月) 31(火)

真木将行

8月 30(水) 31(木)
9月 2() 6(水) 7(木) 9() 13(水) 14(木) 16() 17() 18(月) 21(木) 23() 24() 27(水) 28(木) 30()
10月 1() 4(水) 5(木) 7() 9(月) 11(水) 12(木) 14() 15() 18(水) 19(木) 21() 22() 25(水) 26(木) 28() 29()

詳細・ご予約

今日も出撃!!

2007-02-26 20:24:52

今日も琵琶湖に出撃です。
まずは私の大好きな春のシャローカバーからチェックする。この時期のシャローカバーの釣りが琵琶湖の釣りの中でも一番好きかも、ただ基本的にガイドではリスクと条件が制約されすぎるのであまりやりません。この釣りが好きな方はぜひお申し出下さい。
しかしシャローカバーではノーバイト、魚の気配がまったくない。バスの魚影どころかベイトの影すらなくザリガニ君たちはまだ穴の中でジッとしている模様。
昨日も感じたのだが釣れるのは基本的に晩冬のエリア、まだ早春エリアの魚影は薄そうだ。
ということで今度はメインレイクに出て晩冬エリアをやるとラバージグに微妙なバイト…がしかし乗らず。まぁこの時期にはよくあること。

朝一は私のシークレットシャローへ。


午後からはいつものパートナーの国保プロと同船、晩冬エリアでタラタラフィッシングを実践していると、先程までバックシートで本人までタラタラしていた国保プロのロッドが曲がっている!!20070226-2.jpg

サイズこそ40cm足らずのバスだったが、先を越されてしまった…。

水温もかなり上昇してきたのでハードベイトを投入。私はジャークベイト、国保プロはクランクで流していくとまたしても国保プロのロッドが曲がっている!!
20070226-3.jpg

ゲゲッ、た、楽しそうだぞ、羨ましいぞ、魚がグングン引いてるぞ。
20070226-4.jpg

良いな、良いな~、45cmオーバーの綺麗なバスだ。
どれどれ二人でバスのお尻を覗かせてもらうと(二人ともバスから見たらただの変態)メスのようだがまだまだスポーンは先のような魚体。
結論としてやはり今はまだ晩冬と早春の間、ただこのまま好天が続けばいつ湖が春に向かって動き出してもおかしくはない。おそらく条件が良い日はすでに春に向かって動いている固体もいると思う。

で「オマエは釣れたのか?」って「…ぼっ僕はガイドですから…。」
しかしこのページ国保プロのページみたいになってます。

テーマ:旧ブログ

今日の琵琶湖は…。

2007-02-25 20:36:03



ようやくボートのメンテナンスが終わったので来月からのガイドに備え今日は湖上に出てみました。
ここ数日の好天でぐんぐん水温も10℃まで上昇、しかし昨日の寒波で湖水は一気にクールダウン、場所によっては2℃近く水温は低下し、底濁りが出ている場所も…。
結果として今日は3バイト1フィッシュ。先週は好釣果の情報もチラホラ聞かれたが、今日出てみた感想としてはまだまだ「冬に近い」というイメージ。
本格的な春はもう少し後のようです。
また明日も出てみます。

テーマ:旧ブログ

       2007-02