4月1日の巻

2010-03-31 21:40:34

 湖上に出ると静かな湖面、ということでまずは浚渫のボトムストラクチャーの釣りから。

何箇所か同じようなスポットをまわっていくと私にグッドサイズ。
20100331-1.jpg
ちょっとスローな感じです、ブレイクの下に入ってしまっているので丁寧に落としていくのが必須条件。

上手くルアーを通すことが出来るとすぐに反応が。
20100331-2.jpg
狙って釣ることは出来ても決してイージーな感じではないです。

ということで回遊系の当てモノの釣りに。

フラットをヘビーウェイトのスイミンジグで釣っていくと私にグッドサイズ。
20100331-3.jpg
レンジが深いのでスローに巻いていくのがコツのようです。

しかしこのあとは巻けど暮らせど一向にバイトはありません、当てモノの釣りなので当たればデカイのですが当たらなければ何もありません…。

ちょっと難しい春の釣りでした。

テーマ:旧ブログ

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:5月8(月) 10(水) 12(金) 13(土) 14(日) 15(月) 16(火) 17(水) 18(木) 19(金) 23(火) 24(水) 25(木) 26(金) 30(火) 31(水)   6月1(木) 2(金) 4(日) 5(月) 6(火) 11(日) 12(月) 13(火) 14(水) 18(日) 20(火) 21(水) 22(木) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

武田:5月7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 16(火) 17(水) 19(金) 21(日) 22(月) 25(木) 26(金) 28(日) 29(月)   6月5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日) 23(金) 24(土) 25(日) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金)

詳細・ご予約

3月30日の巻

2010-03-30 19:00:42

 今日の午前はトーナメント後のお片づけ、午後は私と同じメガバススタッフのサナギくんとフィッシングでした。

昨日の午後は雪が舞って、夕方はうっすら積もるほどだったのでさぞかし湖上は…と心配でしたが湖上に出ると意外に暖かくちょっと拍子抜け。

サクサクと魚探をかけて釣っていくと早速サナギくんにグッドサイズ。
20100330-1.jpg
期待通りのポーズありがとう!!

その後もサクサクと魚探をかけてクゥィックに釣っていきます。
20100330-2.jpg
トーナメント後なので釣りの動作が機敏になってます。

40cm程度の魚であれば難なく釣れてきてしまう琵琶湖はやっぱりすばらしいです。
20100330-3.jpg

サナギくんもグッドサイズにご満悦。
20100330-4.jpg

しかしこのあと色々なエリアでいくつかのパターンを試して見ましたがそちらはノーバイト、ちょっとハズすと難しい春の琵琶湖です。

テーマ:旧ブログ

あぁ、野村ダムの巻

2010-03-29 20:57:06

 T-50第一戦が終わり無事に琵琶湖に帰ってきました。
結果はカットに残れず34位。

初日スタート後早々に50オーバーをキャッチ出来たにも関わらずその後が続かず私のパターンは崩壊…天候の急変とプレッシャーが原因です。

今回は確かにあまり見えていない状態でしたが根本的な原因は明らか。近年の私の成績を振り返ると確実にこのダム湖戦を落としています、もともとダム湖、リザーバーは状況変化が激しく当日のコンディションを的確に把握し判断して行かねばなりません、そのあたりはダム湖で長く釣りをしてきた経験があるので決して苦手意識はないのですが、一番のネックになるのは「プレッシャー」です。
一度に大人数のエキスパートアングラーが釣りをするT-50では尋常ではないプレッシャーが湖にかかります、この状況を克服するのに必要なのは的確な状況判断能力とそうしたプレッシャーをはねのける技術と「ねばり」。

今回私にもっとも欠けていた部分、それは「ねばり」だったのかもしれません。

テーマ:旧ブログ