2月27日大熊ガイド「サンティクーパーに来ています」

2016-02-28 11:46:52

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/28

サンティクーパー湖に来て数日が過ぎました、今回のプリフィッシングは少し長めの10日程を予定しています。それなりの大きさのメインレイクを持つ湖なので強風が吹くとかなり荒れるため湖上に出れないこともあり予備日を持たせています。案の定、到着早々寒波が入り10~20mの西からの強風が吹き続け湖上に出ても一部のエリアのみしか釣ることが出来ません。

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/28

サンティクーパーは一度釣ったことがある湖ですがスタンプやティンバーで航路の確保に時間が掛かり、また前回の試合では諸事情でプラクティスがあまり出来ずに私の中で消化不良感もあり、じっくりやりたいと思っています。

それでも一部のエリアでは既にスポーニングに向かって魚は動いているようです。

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/28

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

現在空きはございません。

大熊一徳

7月 18(火)
8月 6() 7(月) 14(月) 15(火) 16(水) 18(金) 21(月) 23(水) 24(木) 29(火) 30(水) 31(木)

武田栄喜

7月 10(月) 12(水) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 24(月) 25(火) 27(木) 28(金) 29() 30() 31(月)
8月 1(火) 2(水) 3(木) 7(月) 9(水) 10(木) 13() 14(月) 15(火) 16(水) 17(木) 18(金) 30(水) 31(木)

真木将行

7月 6(木) 8() 9() 12(水) 15() 17(月) 19(水) 20(木) 23() 26(水) 27(木) 30()
8月 2(水) 3(木) 5() 6() 9(水) 19() 20() 23(水) 24(木) 26() 27() 30(水) 31(木)

詳細・ご予約

2月25日大熊ガイド「ガンダーマウンテンに行って来ました」

2016-02-26 11:33:57

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/26

あまり馴染みがないかもしれませんが「ガンダーマウンテン」という東海岸中心で店舗展開しているスポーツ用品店があります。先月開催されたバスマスターオープンで同船のコ・アングラーだった方がたまたまこのカンダーマウンテンにお勤めということでお邪魔させていただきました。サウスカロライナへの移動途中のハイウェイ沿いということもあり給油ついでといっては失礼ですが買い物をさせて頂きました。

過去にも何度か行ったことはありましたが、釣具もかなり充実しています。スポーツ用品といえば野球、サッカーやマラソンなど球技を中心にオリンピック競技のものを思い浮かべますが、釣りやハンティングも一般的にスポーツということになっています、ナスカーもスポーツですからね。実際、釣具とハンティング関連で売り場面積の1/3程度はあります、つまりそれだけの売り上げ比率があるということです。

以前日本にスポーツオーソリティー出店当初は本国同様に釣具に力を入れていましたが、やはりスポーツ用品=釣具という概念がなかったのか数年で店舗内から売り場が消滅してしまいました(泣)。

 

オリジナル商品もあったりします、中身はOEMのようですが。

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/26

モールの中にあるのでアパレルアウトレットその他色々な店舗が入ってました。

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/26

ちなみにこの週はナスカーデイトナ500が開催されるようです。

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/26

テーマ:琵琶湖

2月24日大熊ガイド「増えることはあっても減ることはないもの?」

2016-02-26 10:44:47

truth smiley_fishing_report ブログ写真 2016/02/26

次回サンティクーパー戦に向けてボートの中のルアーの入れ替え、降ろす物もあれば積み込むもの、ストックから補充するもの色々とありますが、ラバージグだけはどこに言っても必要不可欠。ビッグフィッシュを釣る上で季節、場所を問わず万能なルアーの一つとなっています。

キャスティング、フリッピング、フットボール、スイミング、スモールラバージグなど色々なスタイルの違うジグがあり、それぞれに特徴があり、ヘッドの形状が違えば、重心やアイの位置も変わってくるので使い分けることは重要です。無論、同じスタイルのジグでもウェイト、フックサイズと異なるサイズをカラー別に持つとなるとジグだけでかなりの量と重さとなる訳です…。

 

もうね、ルアーだけは「増えることはあっても減ることはない」ですね(笑)

 

テーマ:琵琶湖