11月29日平村ガイド「アラバマリグのJHへのセット」

2016-11-30 21:46:20

 ガイドの休みの日にはタックルの準備です。

 今日の課題は「アラバマリグのジグヘッドにワームをセットする」です。この作業、ボート上やガイド前にやっていると時間のロスが多いので、予めセットしておきます。ゲストさんも予めセットしておく事をオススメします。アラバマリグを買ってきて、ジグヘッドセットして、ワーム刺しているだけで30分とか無駄過ぎますから。

truth truth ブログ写真 2016/11/30

 使っているのはFINAのパワーデルタ。普通のジグヘッドではベイトタックルで16ポンドで50アップ掛けて引っ張ると伸びたり、折れたりするので、やはりジグ用と同レベルの太さを持ったジグヘッドが必要となります。

truth truth ブログ写真 2016/11/30

 そして、重要なのは真っ直ぐ刺すこと。さらに、ジグヘッドとワームをアロンアルファで接着しておくと完璧です。

truth truth ブログ写真 2016/11/30

 今日はIシャッド3,8とリズムウェーブ3,8のアラバマ用にジグヘッド40本ほどセットして終了。

 1日中、こんな作業ばかりしている人生もどうかと思うぞ!とツッコミながらも、淡々とセットします。

テーマ:FINA

ガイド空き状況

平村:現在空きはございません。

大熊:2月25(土) 26(日) 27(月) 28(火)   3月1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 6(月) 7(火) 8(水) 9(木) 14(火) 15(水) 16(木) 17(金) 18(土) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 24(金) 25(土) 26(日) 27(月) 28(火) 29(水) 30(木) 31(金)

武田:3月12(日) 19(日) 20(月) 21(火) 22(水) 23(木) 26(日) 27(月) 28(火) 31(金)   4月1(土) 2(日) 3(月) 10(月) 11(火) 13(木) 14(金) 15(土) 16(日) 17(月) 18(火) 19(水) 20(木) 21(金) 22(土) 23(日) 24(月) 25(火) 26(水) 27(木) 28(金) 29(土) 30(日)

詳細・ご予約

11月9日平村ガイド「光電子の季節到来」

2016-11-09 14:19:45

 本日は12月並の寒波到来。

 もう防寒着当たり前、手袋も当たり前の季節が到来。

truth truth ブログ写真 2016/11/09

 フリノーットのミトン型グローブ。走行中はミトン型にして指先をカバー。

 

 釣りの最中は3本指出しスタイルに出来る優れもの。

truth truth ブログ写真 2016/11/09

 本気で寒くなると、光電子の威力が発揮されます。インナーも防寒も、手袋もフリーノットの光電子。全身光電子スタイルです。

 

 

 

テーマ:FINA

8月22日平村ガイド「パンチショットリグ作り」

2016-08-23 01:13:40

 早朝から原稿仕事して、昼は打ち合わせ、そして夜中はフックの整理です。

 だいたい釣り道具などは細かいものばかりで在庫管理が大変です。でも、ちゃんと揃えておかないと湖上では困るので、しっかり整理整頓です。

 まずはスピニング、ベイトフィネス用のボックスからチェック。

truth truth ブログ写真 2016/08/23

 DSR132が在庫切れ。フリックカーリーのダウンショットで多用したからでしょう。

 

 こちらはベイトタックル用のボックス。

truth truth ブログ写真 2016/08/23

 TNSフックなど在庫切れ多数。

 早速、オーダーしてパンチショットリグ(リーダーレスダウンショット)作り。

truth truth ブログ写真 2016/08/23

 左のFPPストレートは接近戦用、右のTNSはロングカーリー用、このヘビーデューティー(HD)タイプをロングキャスト用で使用します。

 左側の上が接近戦用で、ロッドも硬めの接近戦では角度が付くのでストレートフックで、下はTNSフックでこちらはロングキャストでブラインドでボトムのカナダモを探していく展開の時に使用します。ロングキャストの時はカナダモをロッドで探しながらとなるので、ロッドも短くウィードを舐めるようにティップ感度を上げるためロッドが柔らか目にしますから、フックはやや細めのオフセットタイプの方が良くなります。シンカーはジャッカルのストレートタイプ。

truth truth ブログ写真 2016/08/23

 ロッドの長さと硬さでフックの太さと形状は変更します。硬くて長いロッドは太軸のストレート、短くて柔らかいロッドでは中軸のオフセットです。

 目で見て撃つ接近戦だけでなく、見えないカナダモを魚探で目星を付けて、ロッドの感度で穴を探して入れるパターン(ブラインド撃ち)というのも実践しています。

 一方、右側は貴重な元祖パンチショットシンカー。感度が良くてすっぽ抜けが減少しますのでオススメ。最近はブライド撃ちではコチラがメインに。写真が切れてます(すいません)

 

 

テーマ:FINA