3月31日平村ガイド「ビジョンワンテンRで53㎝・3500g、スイミングマスター&リズムウェーブ4.8で45クラス」

2023-03-31 22:10:16

3月末だと言うのに、桜は少し散り始めております。

湖上はその割には寒く、今日の朝の気温も6度。防寒着は必須です。

これだけ防寒着は要りますよと言っても、やはり都会の暑さで皆さん「防寒着は要らんでしょ」となる訳でして、湖上の風の冷たさに驚かれます。

さて、今日もスタートはスイミングマスター&リズムウェーブ4.8で。

コツコツバイトをフッキングせずに少し巻き続けてからの巻き合わせ!

ゲストさんしっかりと決めて45クラス。

ワイルサイド69MHで。

 

続いては、メガバスのビジョンワンテンRプラス3で

長さは53㎝だけど、3500gもあるオタマジャクシ体形。

前半の曇りの段階にバイトが集中して、後半の晴れてからはノーバイト。

水温上昇時がイージーに口を使うので10時前後のタイミングを見逃さずに釣りましょう。

風が吹き抜けた後半戦は特に難しいです。

 

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

8月 1(木)

大熊一徳

6月 26(水) 27(木)
7月 3(水) 12(金) 19(金) 23(火) 24(水) 31(水)
8月 7(水) 8(木) 9(金) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24() 26(月) 28(水) 29(木) 30(金)

武田栄喜

現在空きはございません。

ビワマス

8月 11() 12(月)

詳細・ご予約

truth  ブログ写真 2023/03/31

3月31日大熊ガイド「水温上昇で40up」

前年の同時期の釣り

3月26日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ、ミドスト、ダウンショット展開」

3月29日平村ガイド「ソウルシャッド、ミドスト展開が中心」

4月1日平村ガイド「引き続きミドスト展開が中心」

4月2日平村ガイド「ミドスト、ノーシンカー展開で56㎝,54㎝,53㎝,45クラス,40クラス,35クラス」

4月4日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ、ネコシュリンプ、ミドストで56㎝、48㎝、45㎝」

4月5日平村ガイド「ミドストで54㎝、40アップ」

3月30日平村ガイド「ネコシュリンプJHで45クラス、スイミングジグは全バラシ」

2023-03-31 04:29:07

レークマリーナの桜も満開。

この景色ですが、防寒着は必須です。

春の陽気となるのは日中だけで、朝の気温は5度、午後は強風なので防寒着生活です。

 

まずはスイミングジグでスタートすると、ゲストさんのロッドが曲がる。

消えるバイト!

このバイトはロッドを煽る前に、巻きが重要なのですが、巻きが甘くフックオフ。

メスの大型に多いバイトだけに残念。

その後は、オスのショートバイトでノラず。

 

日中は無風で暖かなってきたのでネコシュリンプJHリグで

ゲストさん今年初バス。

 

午後になって少し風が出てきたので再びスイミングジグ。

今度はバックラッシュ後に巻いたら釣れてた状態でフッキングが甘くジャンプ後にバラシ。

さらに、ショートバイトのコッ!

これもフックアップせず。

スイミングジグで釣りたいとの事でしたが、全てのバイトで釣れずに来年に持ち越しになりそうです。

スイミングジグの巻き合わせ。特に軽くなるバイトはスイミングジグのもっとも面白いシーンだけに、軽くなったのを素早く巻き取って、ロッドにずっしり重みが伝わる瞬間はぜひ味わってもらいたいですね。

 

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2023/03/31

3月31日大熊ガイド「水温上昇で40up」

前年の同時期の釣り

3月26日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ、ミドスト、ダウンショット展開」

3月29日平村ガイド「ソウルシャッド、ミドスト展開が中心」

4月1日平村ガイド「引き続きミドスト展開が中心」

4月2日平村ガイド「ミドスト、ノーシンカー展開で56㎝,54㎝,53㎝,45クラス,40クラス,35クラス」

4月4日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ、ネコシュリンプ、ミドストで56㎝、48㎝、45㎝」

4月5日平村ガイド「ミドストで54㎝、40アップ」

3月29日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ4.8で59㎝・3500g、ネコシュリンプJHで45クラス×2」

2023-03-30 06:03:03

今日も快晴無風のスタートですが、朝の気温は4度。

日中は暖かくなるものの、朝の気温からして防寒着は必須です。

水温上昇と共に良くなることが多く、朝の冷え込みでスタートからしばらくはノーバイト。

水温が上昇したタイミングでネコシュリンプJHにバイト。

ロッドはワイルドサイドのバリアントモデル60ULプラス。

感度も良くてシャッキっとした張りがJHの操作に最適。WSS61Lでも十分ですが、より感度と操作性がアップしたモデルなので、JHリグの時はこちらも使いたくなる。

ゲストさんの初バイトは昼前。

時間が掛かった分、嬉しさ倍増。

ネコシュリンプのJHリグで。

 

釣ったら、ランチは花見でのんびりと幸せモード。

今が最高のシーズンです。

花見も出来て、魚も釣れる!

 

午後からはいつも通りの強風モード。

強風なので巻き展開。

スイミングマスター&リズムウェーブ4.8を巻いていくと!

ショートバイトだったそうですが、フッキングを決めるとビッグサイズ。

59㎝・3500gでした。

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2023/03/30

3月30日大熊ガイド「ミネソタからのゲストさんとフィッシング」

前年の同時期の釣り

3月26日平村ガイド「スイミングマスター&リズムウェーブ、ミドスト、ダウンショット展開」

3月29日平村ガイド「ソウルシャッド、ミドスト展開が中心」

4月1日平村ガイド「引き続きミドスト展開が中心」

4月2日平村ガイド「ミドスト、ノーシンカー展開で56㎝,54㎝,53㎝,45クラス,40クラス,35クラス」