5月31日平村ガイド「5月後半のまとめ」

2023-05-31 23:07:56

今年の5月のGW以降は北湖、ダム、南湖と色々な場所で釣っており、各地で良い思いをした箏もあれば、ノーフィシュを食らうことも。

年齢的にも全国各地のフィールドに自分のボートを引っ張って行けるのもあと10年ぐらいだと思うので、昔から行ってみたかった場所に今年から全国各地に行こうと思って、そのプランを実行中。

ガイドでメインとする南湖以外では、北湖だけでなくダムや川でも釣りをするようにして5月後半は色々なフィールドで釣りをしておりました。

結論としては、暑い日はボコボコの釣れて、寒い日は結構厳しい。

数は北湖やダムで一気に稼いげたものの、南湖に戻ると数は一気に落ちる。

 

【北湖】

北湖はビッグベイトのサイトと半サイトの2パターン。ダウズスイマーでの釣りがメイン。

南湖から走っていく展開もしたのですが、大浦からスタートすることも。南湖から行く沖島の外側などはボートでいっぱいで入る場所がないレベルで結構苦戦。大浦でもネストサイトのアングラーはいっぱいで天候の良い日にはバッティングの嵐という始末。なかなかサイトシーズンは難しいです。

GW明けのタイミングで一気に差してきたので、そのタイミングから50アップ連発となりましたが、冷えた時には見えるバスは多いものの反応させるのに難儀して1日50アップ30本から50本ぐらい見えるのに釣れないという日も。

結局のところ、北湖も水温上昇のタイミングでうまく新規に入ってきた魚を見つけることが重要。釣り方よりも人とバッティングしにくいエリア選択が一番。

 

(メインタックル)

  • ワイルドサイドWSC72MH
  • メタニウムノーマルギア
  • Xbraidオルトロス16ポンド
  • ダウズスイマー180

 

北湖は寒い日はかなり厳しく、暑い日は差してきたのでイージーでした。

 

【ダム湖】

ダムはサイコロラバーのノーシンカーで立木に浮いているプリやポストスポーンを浮かせるパターンとウォブリング3インチのダウンショットでの半サイト。

ダム湖ではサイコロラバー強化月間として、サイコロの逃しを徹底的に練習する。この手の釣りは今更なのですが、琵琶湖で過ごす自分にとってはダム湖に何十年ものブランクがあるので新鮮で面白い。

各地のダム湖でバックウォーターに入って静かな空間に居ると癒されれるのですが、5月でも標高の高いダム湖は寒いので、防寒着を普通に着用しておりました。

釣りはサイコロをいかにロングキャストするかで、0.3号、0.4号のラインを巻いて飛距離を出すことが重要で、細くなくても食いにはそれほど影響しないのですが、サイコロ程度のワームの欠片をキャストするには、極細PEをスプールに上手く巻くことが重要で飛距離とアキュラシーで釣果がまったく違う。ダムでバスの追い方を何度もチェックできたので、これば琵琶湖に戻っても食わせのタイミングなどはヒントになることが多かった。

 

(メインタックル)

  • ワイルドサイドWSS5ST9UL
  • コンプレックス2500ハイギア
  • Xbraid Real dtex0.3号 リーダー8ポンド
  • サイコロラバーノーシンカー

 

  • ワイルドサイドWSS59UL+
  • コンプレックス2500ハイギア
  • Xbraidオルトロス4ポンド
  • ウォブリング2.5インチ
  • ダウンショットリグ
飛ばすために細くする
0.3号、0.4号だと下糸はいっぱい必要でスプールいっぱいに巻かないとマイクロワームは飛ばない

 

とにかく練習しました。WSSST59ULTZも活躍
釣れるのは良いけど、入手が難しいのが難点

 

【南湖】

南湖はウォブリングのキャロでポストスポーンを狙うパターンとサイコロラバーのリアクションダウンショット、カバークローグランデのノーシンカー。

後半になってポストスポーンから回復する個体が多くなり、稚魚もシャローでも沖でも見られるようになった。

ベイトも多く、アユボール、ワカサギボール、ハスなどいっぱいで、もうすぐボイルパターンになりそうな気配でした。

ただ、水質は非常に悪く、ずっと泡は消えないし、匂いもする。

ウィードは5月後半にはエビモも水面直下まで生えてきたので、フローティングミノーやトップも挑戦するもまだ反応なし。このまま反応の無いまま終わってしまうのか?それは6月の楽しみにしておきましょう。

とりあえず、キャロとダウンショットで手堅くまとめるのが大事で、まとめきれないとノーフィシュになることも。

 

(メインタックル)

  • ワイルドサイドWSS69L
  • コンプレックス2500ハイギア
  • Xbraidオルトロス6ポンド
  • ウォブリング3インチ

 

  • ワイルドサイドWSS64L
  • コンプレックス2500ハイギア
  • Xbraidオルトロス6ポンド
  • サイコロラバー
  • DSR132 #4
  • リアクションダウンショットリグ

 

  • ワイルドサイドWSCST66MH
  • Xbraidオルトロス20ポンド
  • カバークローグランデ
  • TNS5/0
  • ノーシンカー

 

 

ゲストさんがサイコロラバーのリアクションダウンショットで

 

こんなサイズも出るぐらいの季節になりました
WSSST64L のリアクションダウンショットで
WSCST&&MHのカバークローグランデノーシンカーで
ギルバイトが多いとイージーな日
キャロも釣れるようになってポストスポーンの南湖。

テーマ:琵琶湖

ガイド空き状況

平村尚也

9月 9(月) 18(水) 19(木) 20(金)

大熊一徳

8月 9(金) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 24() 26(月) 29(木) 30(金)
9月 2(月) 3(火) 4(水) 6(金) 8() 9(月) 11(水) 16(月) 17(火) 18(水) 19(木) 20(金) 21() 22() 23(月) 24(火) 25(水) 30(月)

武田栄喜

現在空きはございません。

ビワマス

現在空きはございません。

詳細・ご予約

前年の同時期の釣り

5月28日平村ガイド「5月第4週・ポストスポーン回復傾向」

6月4日平村ガイド「今週のMAXは64㎝」

6月5日平村ガイド「サンデービワマスガイド」

5月6日平村ガイド「GW前半はバス、GW後半はビワマス」

2023-05-06 20:00:55

GWの前半戦はバスのガイドで湖上へ。

(月)晴れ、午後から強風

午後から強風予報なので、朝は手堅く釣る作戦でシャローをネコシュリンプフリーリグでじっくりと釣っていく。

この時期のシャローは代掻きの水で厳しくなるが、それでも沖のパターンが不調なのでシャローで喰いにくいミッドスポーンのバスを1匹づつ確実に釣っていく。

ゲストさん2人ともに釣って頂いたタイミングで一気に北上して、今度は北湖のスーパークリアーウォーターでの釣りをするがこれはノーフィシュ。

南湖に戻って右往左往しているうちに強風になって午後は再びシャロー撃ち。最後は爆風モードで終了でした。

シャローでネコシュリンプフリーリグ
GW期間は代掻きの水が流入
それでも、しっかりとネコシュリンプフリーリグで
午後は強風で釣りにならず。

 

(火)晴れ・強風

ビワマス釣り予定でしたが、朝から強風となり、5日に予定していたボートメンテナンス作業を仲間達と実施。

お昼には仲間でBBQで少しばかりGWらしく過ごす。

夕方には、作業が終わったので湖畔を散歩。

ちょっと優雅な暮らしみたい?

ボートは各所故障個所を修繕。アルミボートの車幅灯が先日消えていたので交換。
GWと言えばBBQ。私たちも一応やってみました。
夕方には事務所前を散歩。ブラブラと歩いても暑くもなく寒くもない良い季節になりました。

 

(水)晴れ・無風

今日からバスからビワマスガイドに転身。

GW期間、お盆期間、年末年始を含む冬季のみですが、ビワマスガイドを実施しています。

一応、先週に1回は下見程度にビワマス釣りに出ているので、そのエリアを中心にガイド。

ゲストさんは初ビワマスということでバイトからランディングに至る途中でバラシ連発。

バスと同じようにゴリ巻きすると、トラウトはバレてしまう。でも、そういう初体験での難しさが面白い訳でして、新鮮な気持ちで楽しんで頂けたようです。

8本掛けて6バラシ2本キャッチ。

今日は絶好のビワマス日和
ゲストさん祝!初ビワマス。

 

(木)晴れ・無風

ラッキーな事に2日連続のビワマス日和の無風。

今日のゲストさんは何度かビワマスをされているので、掛けてからランディングがスムーズで10本掛けて8本キャッチ。

入れ替え作業をして、5本キープでご家族にビワマスを届けられました。

GWの真ん中は最高の天気。
何度もビワマスガイドに来られているのでランディングは余裕で。
ジャッカルのプロトスプーンで連発
45㎝前後でリミットメイク
GWにご家族にビワマス料理をプレゼント。

 

(金)曇り・強風

今日はプライベートな用事で京都へ。

平安神宮に用事があったので、久しぶりなのか?初なのか?よく分からない神苑へ。

人生の一番昔の記憶が、おそらく3歳ぐらいの時に平安神宮で叔父の結婚式に参加した事で、その後も何度か訪れているはずの場所ですが、大人になって用事もなく、この場所が初なのか?それとも久しぶりなのか?分からない。

まぁ、大人になって観ると庭園の立派さ、美しさに気づかされる。子供のころには分からないですよね。

美しい庭園
あやめの季節でした。
折鶴
ツツジも美しい

 

(土)曇り・やや強風

GW最後のガイド。

GW後にもビワマスガイドが1日だけあったのですが、強風予報のため日程変更となり、今日がGW実質最後のビワマスガイド。

天候に左右される釣りなので、今日は出られるか微妙な予報でしたが、「東風なので意外と北湖は吹かないだろう」と予測して北湖へ。

予想通りに風は東風が吹くもののトローリングはできるレベル。バイトは荒れ気味で少ないですが、ポツポツヒットしていく。今日のゲストさんもビワマス初体験ということで最初はバスと同じようにゴリ巻きされてバラシ連発でしたが、後半にはトラウトランディングに慣れてきてキャッチできるように。

8本ヒットの4バラシ、4本キャッチの4本キープ。

雨が降る前に帰着して、早めのクーラーボックスに入れてビワマス料理でご家族に振舞われるとの事。

初ビワマス釣り
初ビワマス
慣れてきたら連発でキャッチ成功
GW最後に美味しいビワマスを!

テーマ:琵琶湖

truth  ブログ写真 2023/05/06

5月6日大熊ガイド「ローライトなコンディションでアフタースポーニング展開、56cm含む45up、40up×5匹」

前年の同時期の釣り

5月2日平村ガイド「GW前半戦はフリックシェイク頼み」

5月7日平村ガイド「GW後半戦は恒例のビワマスガイド」